スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

きゅうり 自然農 七夕 もりの市 益川敏英氏 辻信一氏

健康な土 ・ 七夕 ・ 政治と知見



P7091624.jpg
(ケンあや 西側畑)


例年より10日ほど早く / 梅雨が明け / 連日猛暑日である / それなのに畑の野菜や木々たちは / 立派に日々成長している / 自然農法は耕さない / 草を刈っても元に戻す / 虫たちが生存するためにも / 草を刈らず残すこともする / 人間が何もしなくても / 森の自然林が立派に育つように / 畑でも生態系に準じて育てる / 堆肥も施さないのに / きゅうりは次から次へと大きくなる / 夕方どしゃぶりの通り雨が降ると / 植物たちが喜んでいるのを感じる / まさに“慈雨”だけれど / 日本語は何て素晴らしいのだろうと / 改めて思う / 慈しみの雨 / それは本来の日本人のこころ










P7061608.jpg
(ケンあや 西側畑)


30cmほどになった / 自然農きゅうり / 大地や地下水をよごさないから / 気持ちのよい農法でもある / トゲは痛いくらいだけれど / 味はやさしく甘い / 野菜は自らの体を守るために / 外側に皮がある / その皮と中味の間に“酵素”が多い / 健康に良いから我が家では / 皮をむかずに食べている / ジャガイモもニンジンもゴボウでも何でも / 農薬や化学肥料などを使い育てた野菜は / 苦みを感じる / 日本人の歴史から見たら / 化学農法はほんの最近の事 / やはり“量より質”だろうか










P7071609.jpg
(綾もりの市)


七夕の日 / 4回目になる / もりの市が行われた / 買い物に訪れた人たちは / 願い事を短冊に書いて / 笹に結んでいた










P7071622.jpg
(綾ふれあい館)


綾のまちなかに / 笹の葉が揺れていた / 夜は星々に願いを届けたのだろうか / 天の川は旧暦の七夕が美しい / 自然農では旧暦を参考にする / 昔の日本人の知恵や文化は / 自然と共にあったから / その摂理は暦のなかにも / 活かされていた / 新暦の7月7日は / 旧暦の5月中旬 / 「小暑」である / それにしても「大暑」のように / 暑いこの頃である










P7071619.jpg
(綾ふれあい館)


もりの市の当日 / デジタル温度計は / 38℃だった(壊れているのかなぁ) / アメリカでレーチェル・カーソンが / 企業による環境汚染を警告した「沈黙の春」を書き / その本は世界中で読まれたけれど / 経済大国を中心に環境破壊は続けられた / なかでも石油産業は利潤追求を徹底して禍根を残した / 今やオゾン層の破壊と世界中に異常気象をもたらし / 北極海の海氷はほとんど消滅した / 日本でも自然破壊を止める工夫は / 何もなされていないに等しい / それどころか世界中から訴訟されてもおかしくない / 放射能汚染が進行中である / 再生させなければならないのは / 人間の暮しだけではなく / 自然そのものではないだろうか

☆☆ 11歳の少年が大人に語る ⇒ 食物システムの問題










1017217_4981925475092_2092510395_n.jpg
(毎日新聞記事より)


長崎・広島に原爆を落とされ / 日本全国主要都市は大空襲に遭い / 焼け野原となった日本 / 戦争を美化する人たちが / 戦後68年経っても存在している / ノーベル賞学者・益川敏英氏の人間性は素晴らしい / ノーベル賞受賞後ある高校で講演をされた時 / 人間にとって一番大事なものは“自由”だと / 話されていた / 去る6月27日の毎日新聞東京夕刊の記事は / 益川氏の憲法に対する考えが掲載されていた / 僕はその情報をFBで知ったのだけど / 正しい知見だと思われた(以下に引用)



「あの安倍(晋三首相)さん、坊ちゃん政治家だからね。自分は安全なところにおって、戦争できると考えているんじゃないの。テレビゲームみたいな感じで。96条の改正から手をつけるようなことを言っていたでしょ。本気ですよ。これまでは、いつかは変えてやるぞってことでしたから。いまがチャンスと踏んでいるんだろう。反対する側も本気にならんといけない。

僕は思う。自国の国民まで犠牲にして守らなきゃいけない国益なんてものがどこにあるんですか。愚かな戦争などせずとも、もめごとの解決の道は必ずある。譲歩できない利益なんてない。戦争は外交で防げる。いま必要なのは戦争を防ぐ知恵でしょ。それなのに憲法改正? 改憲論者は、つまるところ、交戦権が欲しいんですよ。憲法9条なんて邪魔だというのは、相手から攻撃されなくても、こっちから先に撃ちたい。つまり戦争がしたい。そうとしか思えない。恐ろしいことじゃないですか」

「僕なんかの戦争体験は大したことないんだ。10歳ほど年上の同じ素粒子論の先生はもっとつらい経験をされた。広島に原爆が落ち、自宅が爆風で壊れる。お母さんが重いはりの下敷きになって動けない。お母さんは自分はいいからさっさと逃げろ、と息子を逃がす。先生はずっと引きずっておられた。そんな悲惨なことが無数にあった。虫も殺せないような人が、戦地で敵を撃つのはさらに苦しいですよ。狙撃兵なら相手の顔まで見える。それが戦争ですよ。平和とはね、人を殺さないでいいことなんです。

60年安保のころ、研究の合間をぬってはデモに明け暮れた。「まず朝、団地に署名集めに回るんだけど、間に合ってますなんて、御用聞きに間違われてね。僕、ヘタくそなんだ」。めげずにベトナム反戦でも声をあげた。それは平和運動にも身を投じた名古屋大学時代の恩師、坂田昌一博士の背中を見てきたからでもあった。湯川秀樹、朝永振一郎両博士と並ぶわが国の素粒子論の第一人者である。「へ理屈の坂田なんてあだ名があったけどね。学問だけではダメだ、学問を支える社会の問題も考えられないやつは一人前ではないという空気がありましたね。先生はひと言もおっしゃらないんだけど」










1064872_172765189573135_1561603815_o.jpg
(100万人の母たち 七夕プロジェクトさんより)


先日 綾の郷田美紀子さんと / 辻信一さん 上野宗則さんが / ここ賢治の学校を訪ねて下さった / 辻さん曰く / 「自然農の福岡正信さんは海外で有名だけれど 日本の若者たちは名前すら知らないかもしれない」 / と話された / 辻さんは海外向けの映画を制作しておられる / 自然農の開拓者 川口由一さんの映画が完成したので / 上映会をされては?と話されていた / とても澄んだ眼を持たれた辻さんであった / 明治学院大学教授 / 100万人のキャンドルナイトの呼びかけ人でもある / 以下FBより転載




◆100万人の母たち 七夕プロジェクトに寄せて 

目をつぶって、大都会の夜空の向こうに天の河を思い描くように、澄んだ心で思い出してみよう。本当はそこにちゃんとあるのに、見えなくなってしまっている、大切なものについて。

3・11の後
幼い子を抱く母たちがそうしたように、もう一度、祈ろう。どうか、神様、この子にきれいな空気、きれいな水、安全な食べ物を与えてください。もう贅沢は言いません・・・

かつて、北米先住民のリーダーである長老は言った。最後の木を伐る時、最後の川を汚す時、最後の魚を食べる時、その時人間は知るだろう、お金は食べられないということを。

人間の生存のボトムライン(最低限の条件――大気、水、太陽、土、生物多様性、そしてともに支え合い、分かち合うコミュニティ)を確保することこそが政治の最大の目的だ。

このことを、政治的なリーダーたちに、思い出してもらうため、手紙を届けよう。母であるあななたち、そして私たち誰もの内なる母から、愛をこめて。

辻 信一



◆「100万人の母たち 七夕プロジェクト」 誕生のきっかけ
http://www.youtube.com/watch?v=6RWNdD2OsTI&feature=youtu.be


◆辻 信一(つじ・しんいち)プロフィール

文化人類学者、ナマケモノ倶楽部世話人。明治学院大学教授。 「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表。

数々のNGOやNPOに参加しながら、「スロ-」や「GNH」というコンセプトを軸に環境=文化運動を進める一方、社会的起業であるスロービジネスにも積極的にとりくむ。2009年より「アジア発エコロジー」をテーマにした映像プロジェクトをプロデュース中。

著書多数。最新刊に『英国シューマッハー校ーサティシュ先生の最高の人生をつくる授業』(講談社)、『降りる思想ー江戸・ブータンに学ぶ』(大月書店)。近著にゆっくりノートブックシリーズ8巻(大月書店)。訳書に『しあわせの開発学ーーエンゲージド・ブディズム入門(ゆっくり堂)。

http://www.sloth.gr.jp/tsuji/profile.html


写真:Peace On Earth 辻信一スピーチより
http://www.youtube.com/watch?v=tBKTnaZIUsM










1003265_477261869027069_1614224839_n.jpg
(フランスの科学誌)


今の日本が海外からどのような眼で / 見られているのか? / テレビや新聞など他人の意見ではなくて / 自分自身の情報力と思考力で / よく想像したほうが無難だろう / フランス在住の日本人女性から得られた情報 / 以下転載


先日投稿した、圧力により研究費をカットされた琉球大学、大瀧教授の研究がフランスの科学雑誌に掲載されていました。日本では広く知らされていないのに。(もちろん故意により)
また、この雑誌では「二年後の福島ー未だ地獄」というタイトルで、16ページにわたって特集しています。
福島産の農産物を食べて被災地を応援するだとか、原発からの距離だけで規制区域を設定するという愚かさなどについて(Yukie Haraさんより)










P7091625.jpg
(ケンあや 西側畑)


サトイモの葉が / 生き生きとしていた / 綾の食品売り場で働く / 知り合いの女性は言った / 「総理大臣なんか誰がなってもよくならないわよ」 / 確かに質は落ちてきているし / 庶民の暮しは少しもよくならない / 呆れたり白けたりされる方もおられるだろう / 政治家は自分の利権のことしか頭にないのだから / それでも最近面白い若者?が出現している / ニート 引きこもり ブロガーとして / 一日中パソコンにかじりついて / 真実を追求したりしている / 向上心や好奇心は健全な証しでは?

☆☆ 16000人のファンを持つブロガー ⇒ 座間宮ガレイ 渋谷ハチ公前スピーチ

絵を描いたり / 畑仕事をしたり / 子どもたちと自然の中で遊んだり / 今まで自然を愛おしみ / 自然に感謝して来たから / 画家・ゴッホのように / 自然をかけがえのないものだと思っている / 自然を大事にする政治はあまり聞かない / 目の前の現実がよく物語っている / 綾の年配の方々は「昔の川はきれいだったなぁ」と言う / きれいな空気 きれいな水 美しい自然 / それらを大事にしようとした / 緑の党を僕は中村敦夫さんの時代から / 応援して来たのだけれど / いつの間にか消えてしまった / そしたら今回長谷川ういこさんを代表に / 復活されたようだ / ミュージシャンの三宅洋平さんも / なかなか素敵な人物だ / 兎に角これ以上自然を壊さないでほしい / 農業を大切にしてほしい / きれいな川で子どもたちが泳げる日本にしてほしい / 因みに宮崎県の海水浴場は / すべてのポイントで水質AAを / 9年連続で更新中である(環境省調査) / それでもまだまだきれいに出来るだろう

☆☆ 三宅洋平街頭ライブ ⇒ 7月5日 新宿西口










P7091623.jpg
(ケンあや くちなしの花)


3月頃に宮崎神宮の植木市で / 沈丁花と梔子(くちなし)を買い / 賢治の学校の庭に植えた / 一度枯れそうなほど弱ったけれど / 自然農の方法で面倒を見たら / 艶やかな葉になり花も咲かせてくれた / よい香りが一面にただよい / 夜は虫たちの合唱に包まれている / ここで生きる多くの生き物たちとともに / 感謝



















スポンサーサイト

Tag:人物 ・ 仕事  Trackback:0 comment:12 page to top

Comment

ふくちゃん URL|
#- 2013.07.11 Thu11:46
スーさんたちのように無農薬はなかなかうまくいきません。スイカの皮が小さなカタツムリにたべられて、中身が腐っています。カタツムリも美味しいスイカの皮を食べるんです。味の落ちるスイカの皮は全く食べません。グルメなんですね。サトイモが良く育っていますね。蜜蜂がいるので全く消毒は出来ません。蜜蜂がいるという事は環境にやさしいということになります。近所がつよい農薬をすると蜂が入り口でくるしんでいます。もうすぐ蕎麦の花がさきます。
merche URL|
#ZFeqejZI Edit  2013.07.11 Thu20:11
すーさん、おひさしぶりです!
そちらは38度もあるのですね。
東京では4日間続けて35度以上になりました。
先日、あのロシアで35度にもなって翌日は大雪が降ったと
ニュースで聞きました。
この異常気象は怖いです。環境破壊のツケが回ってきたのですね。

11歳の少年のスピーチ内容(You Tube)観ました。怖いですね!
ときどき、笑ってしまいましたけど。
またゆっくり見てみようとブックマークしました。

ところで、すーさんの文章を読んでいると詩人の顔がチラッと出てきますね。
自然も言葉も大切にされてステキだなと思いました。

”慈しみの雨”わたしの心の中に入りました☆

感謝!


すーさん URL|ふくちゃんさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.11 Thu20:24
ふくちゃんさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

4月以降の畑の生態系を観ていますと、どうもバランスに欠けて
いると思われたのですが、瓜類は順調です。ですが、じゃがいもは
二重星テントウムシに葉を食べられました。ある特定の虫だけ増え
ることは何かおかしいのでしょう。スイカは種を撒くのを忘れて
いました。ふくちゃんさんは、カタツムリさんへの喜捨ですね。

消毒や農薬。便利な現代語ですね。ある意味、まやかしとも
言えますが。ネオニコチノイド系が心配ですね。

美味しい蜂蜜が採れるのでしょう。
感謝^^
すーさん URL|mercheさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.11 Thu20:40
mercheさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

いらっしゃい!
感性豊かな写真は観ております。

東京はヒートアイランドがありますから大変ですね。
屋上緑化などあまり進んでいないのでしょうか?
健康には十分気をつけてください。

TPPによってどんどん日本に入って来ますから
余計なことをしたものです。有機農業にもいくつか
問題があるのですが、先ずはそこから入るのが妥当
なのかも知れません。日本の子どもたちも大人の都合を
気にせず、彼くらい学習力があればよいのですが…。

mercheさんの感性が受け止めて下さってとても嬉しいです。
都会のコンクリートの間から咲く花も、慈しみの雨をとても
喜んでいると思います。だけど放射能には気をつけて下さいね。

三宅洋平さんの吉祥寺ライブ(7月6日)素敵でした。
感謝^^
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2013.07.11 Thu22:01
なんだか自分が『地に足がついていない』感覚に包まれました。
何に流され・揺られているだろう・・。
自分の力の及ばないものに操られているような。

白いキャンバスと対峙し、なにも進まない今の自分のようです(^^ゞ。

足の裏がしっかりと土を踏みしめているすーさん。
素晴らしいです。
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.11 Thu23:31
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

今は大事な時です。子どもたちの未来を踏みつける原発再稼働や
TPPの問題。政治は未来への方向性を決めてしまいますから。

悩んだり揺られたりするのは、心の奥底にあるものと現実に
隔たりがあるからだと思います。表層感覚は、仕掛けられた装置に
似ています。もっと自分の内側の声を大切に出来たらと思います。

kaminomoribitoさんの白いキャンバス。
自由で果てしなく広がる世界。そこに描くものは、結局自分自身です。
自分を離れて自由な世界に行くと、そこは神々が住まわれているのかも
知れません。微生物から宇宙まで、人の世界も繋がっています。

足の裏、ブッダが大切にした体の根っこです。
流石、kaminomoribitoさん。仰るように素足で大地を歩くことは、
靴の有り難さを知るだけではなく、大地のエネルギーが入って来ます。
暑い日が続いていますが、アスファルトの上は歩けませんが、土の上
は歩けます。

感謝^^
 |管理人のみ閲覧できます
# 2013.07.12 Fri10:55
このコメントは管理人のみ閲覧できます
あやみ URL|
#- 2013.07.12 Fri18:25
すーさんこんにちは。

立派なきゅうり、お見事です!

昔、祖祖母に、薬局でクチナシの実を買ってきてちょうだいといわれて、黒い実を買いに走った記憶があります。今でも薬局で売っているのでしょうか。祖祖母はクワイの煮物をつくるとき黄色い色をつけるためにクチナシを使いました。クチナシは肝臓や血管を再生させるそうです。

ある特定の虫だけがふえるのは何かがおかしいということですが、うちの近所を見渡したところそれは前後の数年でバランスをとっているような気がします。雑草も同様で勢力のある種類は毎年変わります。やっぱり自然界の掟は厳しいようですね。

こちらは断食月にはいりました。食べることの有難さを知るいい機会です。
すーさん URL|鍵コメさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.12 Fri20:00
鍵コメさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

三宅洋平さん、かっこいいですね!

僕もそんな教育環境にして頂きたく思います。

暑い日が続いていますから、体調管理に充分
気をつけてくださいね。

ではまた。感謝^^
すーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.12 Fri20:16
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

まさに自然の賜物です。

春先に買ったとき、実がついていました。実梔子です、と言われて
昔どこかで見たことがあるなーと懐かしく思いました。
クチナシが肝臓や血管を再生させるなんて初めて知りました。
あやみさんのひいおばあ様、流石明治のお方ですね。

なるほど。年によって違うのも最もですね。日本では様々な堆肥や
微生物菌などが販売されていて、前任者はいくつか畑に投入した
ようです。それでよくなることもあれば、わるくなることもあるの
でしょう。木村さんは豆をまいて、根粒菌から土の状態を判断する
そうです。けれども、あやみさんが仰るように自然界の掟は厳しい
ですから、宮沢賢治の詩も生まれたのでしょうね。

ラマダーン、断食を尊ぶ人たちは、飽食日本と大違いですね。
熊本に有名な断食道場がありますが、僕はそこまで実行出来ません。

食べることの有り難さ、稲穂のように頭を垂れて。
感謝^^
 |管理人のみ閲覧できます
# 2013.07.14 Sun05:37
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すーさん URL|鍵コメさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.14 Sun14:22
鍵コメさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございます。

産後21日間は、水仕事や頭髪、入浴などはなるべく避けて
眼も休ませなければなりませぬ。知的なあなたにとっては
耐えがたいことかも知れませぬが…。

家族の協力、周りの協力、社会の理解、そういう意味でも
日本では人間らしさを保ちにくくさせていますね。

安静にお過ごしくださいませ^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。