スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

蝶 あなぐま 栄養士 デトックス 発酵食品 アントロポゾフィー 

野生動物 ・ 栄養士会研修 ・ 城南信用金庫 



P6271568.jpg
(賢治の学校 綾自然農生活実践場 以下ケンあや)


梅雨空でも / 数種の蝶たちや蜻蛉が / 飛行している / 刈らずに残していた草々に / 花が咲けば蝶たちも集まる / 仏教用語の「自然智」(じねんち)は / すべての人たちに生来備わっている / すぐれた智慧を意味するらしい / 師の教えを受けずに自然に悟る智慧 / 先日 6歳の四男と入浴していたら / 「ぼくね、だれにでもやさしくしたいのだけれど…できないんだ」という / 「どうして?」と僕は聞いてみた / 「だって血がながれてるんだもん」と答えた / それも自然智の証明? / 四男のいう“血”とは / 自分自身の感情や気質など / 受け継がれたものを言うのだろう / 子どもは時々哲学者になる / その芽を決して摘んではならない










P6271570.jpg
(ケンあや)


賢治の学校の床下に / いつからか住み着いているアナグマ / 早朝西側の畑に現れた / しばらく様子を観察した










P6271572.jpg
(ケンあや)


今年生まれたばかりだろう / 土に鼻をあてては / 好物のミミズを探しているようだった










P6271573.jpg
(ケンあや)


兄弟でじゃれあう姿は / とても微笑ましい / そういえば日本うなぎが絶滅危惧種に指定され / ここ百年間に数千・数万という動植物が / 人間のせいで絶滅されて来た / 絶滅…二度とこの世からいなくなること / どれだけ殺せば人は気が済むのだろうか? / 生態系も狂い 放射能で奇形も確認され / それでもなお殺し続けることを / どうして止めないのだろうか? / すべての生命の源はひとつで / すべては繋がっているのに… / そのことについて雨の日曜日 / 虫や鳥たちの動きを眺めながら / つらつらと考える…










P6291585.jpg
(宮崎県学校給食会センター)


週末のこと / 宮崎県栄養士会の研修があり / 妻と二人で出掛けた / 今年の春頃から宮崎支部の方から / 調理研修講師のお話を頂き / 今まで何度か打ち合わせをして / 「発酵食品」のよさを見直す内容に決まり / “ぬか漬け”と“ナンプラ”を使ったおかずと / “味噌”汁のメニューで / 調理実習を楽しんだ / 参加された方々は / 学校や病院や老人ホームなどで働く栄養士さん / 妻が実技指導をしながら / 僕は補助員として話をさせて頂いた










P6291581.jpg
(宮崎県学校給食会センター)


今年4月4日に他界された / 元国立民族博物館名誉教授の佐々木高明氏は / 照葉樹林文化論の提唱者としても有名である / 照葉樹林帯はアジアに広がり / 食文化にも各国共通したところがある / タイやベトナムなどの「ナンプラ」は / フィッシュソースともいう / お値段も安い発酵調味料である / 今回使ったのは / 小魚を2年ほど発酵熟成させたタイ産のナンプラ / それをタレにしてイワシ・ハンバーグを作ることにした / 紫蘇や生姜やニラなどをみじん切りにしてイワシとこねる / イワシは手開きで骨を取り / フードプロセッサなど使わず / 包丁でミンチにした / 初めて手開きをした方もいたけれど / 包丁を両手に持つ方もいたり / 4班に分かれて手際よく進められていた










P6291591.jpg
(宮崎県学校給食会センター)


無農薬の香り米入りご飯 / 味噌汁は鰹節といりこから出汁を取ったものと / 化学調味料を入れた味噌汁の2種類をつくり / 食べ比べてみた / 全員 天然だしの方が美味しいと言われた / 問題は手間と時間 / 10分ほどで出汁は取れる / ぬか漬けは参加者全員が持ち帰れるよう / 妻は漬け方をアドバイスしてそれぞれ袋に詰めた / 今回のテーマは体に良い基本食を / ご飯と味噌汁とぬか漬けに絞り / デトックスと発酵食品の効能について / 資料を作成してお配りして / 簡単に話をさせて頂いた / 子どもたちや働く人たち / みんなが健康になることは今の夢でもある / 国民医療費も30兆円から年々増加している / だから健康保険代も上昇し続けている / やはり普段の食生活が大切だから / それぞれのライフスタイルに合わせて / 少しだけ工夫されれば健康になるはず / 綾町の給食の地産地消率は高い / 時期によっては100%になる / しかも生態系維持農業を推進しているから / 美味しくて安心できる野菜が多い / 有り難いことである










P6291593.jpg
(宮崎県栄養士会宮崎支部の皆さん)


食べること / いのちを養うこと / その鍵を握っているのは / 女性やお母さんたちだと思う / 女性が元気なところは / いつも笑顔が溢れていて楽しい / 我が家の場合も / 息子たち家族の体をつくってくれているのは / 妻の台所仕事とその功績だと思っている / 共働きだと疲れて手を抜きたくなるから / 夫は炊事や掃除など家事をすることも大切だろう / お互いが楽をするためではなくて / 家族全員が心身ともに健康になるためにである

宮崎栄養士会・宮崎支部の皆さん / 楽しい時間をありがとう!ございました / ぬか漬け、頑張って続けてくださいね / 美容と健康に!










6fdf487b266c288e1e5763aee11def1e.jpg
(映画 のぼうの城 ポスター)


先日家族で観た映画(DVD) / 野村萬斎さん 好きだなぁ / 子どもたちはグッサンが出てくると笑い / 特に四男にうけていた / そういえば鹿児島の山間部に住んでいた頃 / テレビ東京の番組取材でグッサンが訪ねて来て / 五右衛門風呂に息子たちと入ったり / 川で一緒に泳いだりしてくれたのだった / 映画の中のグッサンの表情は確かに面白かったかな / 映画「のぼうの城」は / まるで今の日本の状況そのものなのかも知れない / それを比喩として捉えるのは / 僕だけではないだろう 

☆☆ 犬童一心・樋口真嗣監督 和田竜脚本 ⇒ 映画「のぼうの城」公式サイト










P6301596.jpg
(ケンあや)


ここ賢治の学校に毎月届く / フリーマガジンがある / アントロポゾフィー・マガジン375 / シュタイナーの人智学と関係がある / 宮沢賢治もシュタイナーも / 人間社会の幸福を追求している










P6301597.jpg
(フリーマガジン375より)


今回のブログ冒頭の続き / 何故にして人は / 人間同士だけではなく / 多様な種の生命を殺し続けるのだろう / そのことについて考えるのに / 城南信用金庫・理事長の吉原毅氏の記事は / とても参考になった / 東京の城南信用金庫は / 3・11以降“脱原発”を掲げ / 世間から注目を浴びたことは記憶に新しい / 以下記事のなかから引用(Aは吉原氏の考え)

Q お金とはなにか?

A 結論から言いますと、“人間が自意識をもったときに生れる頭の中の幻想”。これは人類が生み出した最大の幻想なんですね。その幻想が、実は自由主義の元でもあるんです…

貨幣というのは、貨幣機能説というのがありまして、教科書の一番初めに載ってくるような言葉なんです。交換手段、価値保存機能、価値尺度機能の3つの機能を持ったものを貨幣と申します…

お金というのは“自意識の肥大化したもの”といえます…

漱石でいえば「吾輩は猫である」の最後のところで「これから神経衰弱の世の中になって大変なことになる、自殺が増えて人殺しが増えて、三百代言、弁護士が増えてくだろう」って書いてるでしょう。どんぴしゃであたってます。つまり“自我が肥大化した西洋近代社会はこうなるよ”というのをはっきり書いてますよね…

ミヒャエル・エンデの考え方で、グローバルマネーではなくて、ローカルマネーが大事なんだと言ってますね。一部はあたってますけど、所詮、利息つけようがつけまいがお金はだめだと私は思ってるんですよ…

今の世の中がデフレになっているということは、みんながお金にしがみついているということです。お金、万歳みたいなね…お金にしがみついているということがデフレになる原因で、世の中おかしくしてるんだから、どんどん刷ってしまえばいいんですよ、日銀で。こんなもん紙なんだと。そんなものよりもっと大事なことがあるだろうって。少し目が覚めたらいいんですよ…

吉原氏が仰るように / 肥大化した自意識は / かなり危ないものであるのだ / 奇跡のりんごの木村さんは / 答えをすぐに求めてはいけないという / よく観察しながらじっと待つことも大切 / 分った気になって幻想が幻想を生み出すかもしれないから / 命を活かすもの 養うもの / それは何か / お金にしがみついている間は / 罪をつくりだすだけなのかも知れない










P6301598.jpg
(ケンあや)


あじさい / 六月の雨 / 七変化 / 再生

FACE BOOK 森下純吐 で日々更新中!
よろしかったら、覗いて下さい。友達申請の際は、FC2ブログ名を教えて下さいね。













スポンサーサイト

Tag:人物 ・ 仕事  Trackback:0 comment:8 page to top

Comment

fukashi URL|
#- 2013.06.30 Sun17:40
アナグマとはすごいですね!
自然農の場所だからこそ寄りついたのかもしれませんね。
最近は『エンデの遺言』という本を読んで貨幣についてあれこれ考えていたので、
城南信金の吉原さんの話しはタイムリーでした。
「お金にしがみついているということがデフレになる原因で、世の中おかしくしてる〜」
お金のいらない国とはいかなくても、お金のいらない地域や村がつくれないかと野望を抱いている今日このごろです。
安底羅 URL|
#- 2013.06.30 Sun18:06
今晩は。
 医療費が上がっているのは老人のために使っているのが原因。働き盛りの頃から、好き勝手なことをしたツケが回っている。節制を知らない人に生きてもらうことはありません。節制をしているなら病はそれほどしていないと思う。
 お金について、学校で教育する意見を持っている。踏み倒しとか数え切れないほど事件になっている。税金を払わない企業のために税金で救済するのは愚の絶頂。世の中、お金は循環しているからなくすのは難しい。誤りのない使途を常に思案するのは必須。
すーさん URL|fukashiさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.06.30 Sun19:33
fukashiさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

お久し振りです^^ブログはすっかり週一のペースになってしまいました。

アナグマ、なかなか可愛い動物です。初めはタヌキかと思いましたが、
よくみると違いました。夜中に突然奇態な鳴き声がしたり、ネズミが
こそこそしていたり、今まで見たことのない野鳥が庭に降りたり、
仰るように自然のままだからかも知れませんね。

「エンデの遺言」僕も読みました。城南信用金庫の吉原氏もその本に
ついて触れていました。どうもシステムやマニュアルに人を無思考状態に
させる欠陥を常々感じております。面白いむらがあってもいいですよね。
fukashiさんのアイディアと思索をじっくり待ちましょうか。そして
どこかで繋がるかもしれません。基本は自給自足になりますね。

幻想から労働の歓喜へ^^
すーさん URL|安底羅さんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.06.30 Sun20:23
安底羅さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

仰る通りです。調べて見ましたら、65歳以上の医療費が55%と全体の
半分以上です。確かに不摂生のツケが廻って来ているのでしょう。
尻拭いをする方は大変です。

国民の監視する力が衰えるといけませんね。社会資本の使い道は、
主に政治家に委ねられますが、官僚が牛耳る日本では、政権交代後の
敗北のように難しいですね。それぞれの幻想を膨らませているうちに
致命的な結果をもたらす時代になってしまいました。

お金をなくすより、新しい生き方を見つけた方がよいのかも
知れません。ただ自然に即して。

安底羅さん、年長者の意見と知恵として貴重です。
感謝^^
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2013.07.02 Tue14:36
勉強をするのは良い学校に行くため・・
良い学校に行くのは良い職場に就くため・・
良い職場に就くのは良い生活をするため・・
良い生活って? 給料をたくさん貰うこと・・。
ボクらの時代はそう育てられてきました。
それが『正しいこと』として。
ボクは勉強しなかったですけどね(^^ゞ。

ボクが以前魚釣りに通っていた島では
『片目』『背曲がり』などの奇形の魚が釣れることがありました。
後に産業であるフグの養殖のため、
海洋イケスにホルマリンを投入しているとのことを聞き、
それ以降通うのをやめました。

なにが、どこで、間違ってしまったんでしょうね?(^^ゞ
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.02 Tue21:04
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

バブルが弾けるまでは、同じような社会観や価値観を持っていた
のでしょうか。それは主体的なものではなく、与えられたレール
でしたから、今となっては与えた側に色々問題があることが判る
ようになったのでしょう。主体的に生きられる社会に成熟させた
方がよいのですが、今は逆戻りしていますね。

kaminomoribitoさんと同じように奇形の魚を知り、生き方まで
変えた知人がいます。遠洋漁業の漁師だったのですが、それから
おかに上がって有機農業を始めました。

どこで間違ったのでしょうね。間違ったらやり直せばよいのですが、
その辺のキャパシティが日本社会には欠けているようです。
異常気象や生態系破壊、どの道このままでは後で苦しみます。
過去を取り戻すのではなく、新しい未来を切り開かなくては!

感謝^^
あやみ URL|
#- 2013.07.03 Wed13:47
すーさん こんにちは。

お金の仕事に関わり続けた吉原氏、その結論は「お金はだめだ」…皮肉ですが、やはりそうなのでしょう。しかしこの世はその「だめな」お金に支配されてしまいました。

お金は「循環することが大事」と経済学者はいいます。どうやらこの考えは人の骨の髄まで染み込んで、血の代わりにお金が循環してしまっているようです。お金が欠乏すると息ができなくなってしまう、これじゃあ人間外です。

「やさしさ」などの感情の根拠を「血」に見出した四男君、すばらしいです。本当は世界中の人たちの血も霊も遠いどこかでつながっているんだよ。
すーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.07.03 Wed20:51
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

今の日本人は先の戦争についてしっかり学んでいないのだと思います。
戦後の焼け野原で育ち貧しさを体験した世代。闇市でぼろ儲けした
世代。朝鮮戦争の特需景気に沸いた世代。その時代背景から個として
呪縛されているのでしょう。いい加減理性的に考えるべきと思います。

お金は天皇に変わる崇拝の対象になったかのようです。テレビの時代劇
の影響もあったと思います。勧善懲悪の単純な世界。江戸時代の印象は
事実とかけ離れたのでしょう。あやみさんの良識の矢は、時間軸も国も
超えておりますが、半数ほどの人にそこが最も欠けているのかも知れま
せんね。
真実を求めて学ばないのです。

全ての人が真実を知れば、もっと早くよくなるのでしょう。

どこかで繋がっている…心は通じ合う…

感謝^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。