FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

天然酵母 奇跡のりんご 江戸時代 ファーストフード 郷田美紀子さん

賢治の学校 お菓子プロジェクト



P5241410.jpg
(賢治の学校 綾自然農生活実践場)


日増しに日中の気温は高くなり / 植物たちの成長にも勢いが見られる / 賢治の学校の玄関口に立つ桜は / 青々とした葉を茂らせている / その根元には色んな花々も咲いている / それにしてもミントだらけである / ミントは防虫剤にもなるけれど / どう活用したらよいのか / 考えたりしている

妻と二人三脚で進めている / お菓子プロジェクト / 写真正面にある / 玄関横の小さな加工所で / 毎日 まんじゅうなどを作っている / 始めたばかりの頃は / 天然重曹を使い小麦粉を膨らませていた / そしてようやく納得のいく生地に仕上がった / 妻が長年子どもたちのために焼いて来た / 天然酵母のパン作りが幸いして / 新しい食感のまんじゅうになった










P5241403.jpg
(天然酵母 てるは饅頭)


小麦粉の扱いに慣れている方は / ご存知だと思うけれど / 水で溶いただけだと / お好み焼きのように / ベタッと広がるだけだ / パンや饅頭などにするには / 膨らます方法を考えなければならない / 天然重曹は焼いても匂いが残るため / 小麦粉の香りが引き立たない / ベーキング・パウダーは / 簡単だけれど / アルミフリーであっても / あまり使う気になれない / パリで食べたパンは / 日本とは比べ物にならないくらい / 美味しいし無添加である / お米やおにぎりは / 日本の方がずっと美味しいのと同じことだけれど










P5241405.jpg
(天然酵母 てるは饅頭)


てるは饅頭の生地は / 自然農の全粒粉を元種にした / 天然酵母によって膨らませている / 小麦粉は綾産と熊本産のブレンドだから / ポスト・ハーベスト(防かび剤など)や / 燻炭処理をされていないから / 自然の味が出せて安心である / 塩は長崎産の自然海塩 / 砂糖は奄美大島産のきび砂糖 / ともにミネラルが豊富 / 小豆と白いんげんは北海道産 / さつまいもは綾産のオーガニック甘藷 / 小豆あんの生地には / 健康な土壌で育ったよもぎを使用した / 余分なものは一切使わない

農家の人が家族で食べる野菜を / 売り物とは別に栽培したり / 多くの人の健康を診て / 経済的に余裕のあるお医者さんたちが / 無農薬野菜や有機米などを常食するのは / やはり自分や家族の健康を考えてのことだろう / 様々な化学物質が体内に入ると / 60兆個の細胞に悪さをする / 真面目な仏教僧が修行をするのに / 食を断ち体をきれいにするのは / 悟るために必要な自然科学である / 心身の病は因果関係があるから / 原因を見つめなければ / 本当の健康は手に入らないだろう










P5241407.jpg
(畑の天然酵母パン)


今は小さなオーブンしかないけれど / 綾産の有機野菜を使い / パンも製造するようになった / 東京時代に妻とよく食べた / 国立(山口百恵さんが住む街)にある / 小さな天然酵母のパン屋さん“タルムリエ” / いい仕事をされているなぁと / 食べるたびに感心させられた / 25年以上前になるけれど / 今もそのお店はあるだろうか? / 天然酵母は生き物だから / その扱いは難しい / 買う側の消費者は / 見た目を大事にするから / 大手食品メーカーは研究して / 味が変質しないように / 腐りにくくするために / 見た目をよくするために / 化学物質のお世話になるのである / 特に可笑しかったのは / 天然酵母、と袋に書いてあるのに / 原材料は添加物だらけだった / 中味が違うイメージ戦略なのだろう










P5241409.jpg
(全粒粉の自家製酵母)


妻は天然酵母が好きなのだという / 仕込んだり製造したりしている時に / 全くストレスを感じないらしい / 生きているから面白いのだそうだ / 現在の酵母は自然農のレクチャーを受けている / 北城さんが作られた小麦の全粒粉である / 同じ全粒粉でも農薬を使用したものと / 自然農のものでは / 発酵の仕方が全く違うという / そんなところでも / 自然の力を感じているこの頃










photo_2.jpg
(江戸時代のようす)


賢治の学校・お菓子プロジェクトのコンセプトは / 江戸時代のファーストフードを再現する / 食品企画と技術の向上によって / 働く人たちや子どもたちの健康に寄与することである / 江戸時代では / 天ぷら屋 寿司屋 煮しめ屋 汁粉屋 焼き団子屋など / 気楽にすぐに食べられる屋台が / 街に出回っていた / 現代と最も違うのは / 添加物の有無である / 腐りにくくするためにお酢などを使い / 様々な知恵で庶民のお腹を充たしていた / そういえば綾には江戸風の屋台を / あちこちで見かけるから / そんな愛好家がいるのだろう










P5241413.jpg
(本)


“奇跡のりんご”で有名な / 木村秋則さんのりんごは / まだ一度も食べたことがない / ずっと先まで予約が入っているからである / 本を読んだのは5年ほど前 / 木村さんにお会いすることが出来たら / 一番聞いてみたいことは / 宇宙人についてである / その木村さんの人生が映画化され / 来月から全国公開されるから / たまには映画館で観てみたいなぁと思う / 我が家の経済はとても厳しいけれど…

☆☆ 映画「奇跡のりんご」公式サイト ⇒ 中村義洋監督 6月8日全国公開

☆☆ 映画「世界が食べられなくなる日」 ⇒ ジャン=ポール・ジョー監督 6月8日東京公開










P5241411.jpg
(賢治の学校 綾自然農生活実践場)


食生活の基本は / 普段は体にいい食事をして / 時々ジャンクフード / という感じが健康のためだと思う / それが逆転して面倒だからとなると / いずれは病気になる / 健やかな体 健やかな心 / そんなシンプルなことが / 現代では難しい面もある / 人はことの大小合わせて / 常に選択して暮らしている / 今日のおかずは何にしよう / どこで買おうか…などなど / その選択の基準になるのは経験と知識 / そして直感である / 先日 郷田美紀子さんとお話しして / とても感慨深い言葉に出会った / その同じ内容が / あるところに掲載されていた / ほんものの定義について

☆☆ 船井幸雄.com “本物”に携わる人たち ⇒ 綾からの発信~本ものへの道のり~

賢治の学校 綾自然農生活実践場での / 郷田美紀子さんの食養講座は / 9月から4年振りに再開されます / 本年度の実習生も募集中です / 自然農を通して いのちの根っこが見えて来ます / 命















スポンサーサイト
テーマ : 美容・健康
ジャンル : ライフ

Tag:人物 ・ 仕事  Trackback:0 comment:8 page to top

Comment

kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2013.05.25 Sat01:55
着実に一歩一歩 歩を進められているようですね。
ご自分の思想に基いた生き方の模索・・
素晴らしいことですけど、大変なことだと思います。

奄美のきび砂糖、美味しいですよね♪
我が家でもよく使っています。
甘党のボクは、ついつい使いすぎてしまいますけどね(^^ゞ
そして甘味のある天然塩は生野菜に振るだけでとっても美味しいです。

奥様の言われる『天然酵母が好き』という言葉、分かる気がします。
手軽さの中にある気持ち悪さよりも、
手間暇かける楽しみの方が何倍も心地よいものってありますもんね。

ボクが今楽しんでいる改良メダカの飼育。
その辺で買ってくるメダカの餌の内容成分に違和感があって、
今はオキアミやミジンコの乾物を買ってきてスリコギでパウダー状にしたり、
孵化したばかりの稚魚たちには稲藁の煮汁を薄めた飼育水に
近所から採ってきたミジンコを同居させながらエサは与えずに育てています。
まだまだ試行錯誤の最中なんですけどね、楽しいんですよ♪

あ、すみません。
余計な話で長くなっちゃいましたね。
これからもすーさんのご活躍、楽しみにしています。
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.05.25 Sat10:07
kaminomoribitoさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございます。

心にかなう仕事で立っていけるようにと心掛けております。
日本人が皆健康になったら素晴らしいことなのですが…。

食品でも何でも利潤だけを追求して行きますと、どうしても
弊害が生れて来ます。そしておぼろげな同罪意識によって暗黙の
連帯感が生れます。そのことが、幸せにつながるならばよいの
ですが、そうではありませんから、これからは幸福度を高める
社会に向かうといいですね。量より質でしょうか。

kaminomoribitoさんは、女性性をお持ちなんですね。
生命を大事にする男性の共通点だと思います。それにしましても
メダカの餌にこだわるところにアート性を感じます。絵心のある
ことと育て方につながる何かを汲み取ってしまうのですが。

メダカも人も食べ物と環境の中味で元気になるのでしょう。
感謝^^
あやみ URL|
#- 2013.05.26 Sun18:47
すーさん こんにちは。

こちらでの昔からの酵母は、残ったパンを素焼きのつぼに入れて水に浸し、木のふたをして数日間暖かい部屋に放置して醗酵させる、というものです。

パンが先か酵母が先か、では大もとのパン種は?と悩むのですが、誰に聞いてもわかりません。たぶんビール酵母のようなものだと思うのですが。

パンの酵母はアルコールです。アルコールは本当はイケナイので種無しパンのほうがよいとされています。
紙のように薄く延ばした生地を鉄板でたくさん焼いて乾燥させて、その日に食べる分だけ湿らせてやわらかくします。

お饅頭なんて、懐かしいです。本郷に住んでいたときの大家さんが和菓子屋さんだったのでよくいただいて食べましたっけ。食べ物が氾濫する時代に育ったことをつくづく感じます。祖祖母のころはお饅頭なんて葬式でもなければ「配ってもらえないもの」だったそうです。

直感は本当に大事だと思います。最後に命を守るのは、これだと思います。
すーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.05.26 Sun20:32
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

パンそのものからとる酵母なんて、まるで“糠床”ですね。
トルコのパンを現地で食べながら、トラディッショナルな
家庭料理と会話を楽しめたら素敵です。

トルコではアルコールは禁じれれているのですね。大麻などの
ハーブは合法だと聞いております。大麻ひとつとっても、日本
は明治維新を境に欧米の意に操られたのでしょう。そろそろ自立
するときだと思うのですが、国語力と歴史観は低下しているよう
ですから、それも危ういと思います。

あやみさん、本郷にも住まわれていたのですか。東大も近いですね。
新宿区の落合に林芙美子さんの元住居がありまして、その近くに
住んでいた頃、塩大福のとても美味しい和菓子屋さんがありました。
お祖父さんとお祖母さんのお二人で小さなお店を営んでいました。
そんなお店がいくつもあるのでしょう。

確かに今の日本は飽食もいいところで、食べ物を平気で捨てる時代
です。我が家は玄米と味噌汁とめざしなんて夕食が多いこの頃です。

最後に命を守るのは直感!さすが、あやみさん。
あやみさんが書かれる記事を多くの方に読んで頂きたいものです。

感謝^^
fukuchan URL|
#- 2013.05.26 Sun21:51
パンがおいしそうですね。蜂蜜つけて食べてもいいのですか。スーさんところみたいに安心安全は少ないですね。中国人にこんな食をみせてやりたいです。
すーさん URL|fukuchanさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.05.26 Sun22:50
fukuchanさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

fukuchanさんが採られた蜂蜜をつけたら、なお美味しいでしょう。

中国はそんなにひどいのですか。大気汚染、川や海の汚染など
いくつか度を超えた最近の資料を見たことはあります。ここのところ、
山まで霞んでいますね。そちらも同じでしょう。青い空が……。

汚染と健康被害。一国の問題ではありませんね。

感謝^^

なりびと URL
#- 2013.05.27 Mon07:09
コンニチワ!

パパパパン美味しそうですね~。
夫婦で志が同じというのは、
本当にうらやましい限りデス。

健康の為に食べているのに、
健康を害するなんて・・・。
この世の中は、
自分で自分を大切にするには
最適な環境になっていますね~。

大切にしても大切にしなくっても
いいからバッチリです!!
すーさん URL|なりびとさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.05.27 Mon10:09
なりびとさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございます。

妻曰く、子どもたちに食べさせるお菓子のなかでは
パンが一番いいのでは?と言います。確かに饅頭は砂糖を
たくさん使いますし、パンの原材料はシンプルですから。
ただ、大手菓子パンメーカーが作るパンは、半年間も
腐らない商品もあって、安くても健康を害するのでかえって
高くつきます。パン作りも流行って来ましたけど、やはり
無添加の方が安心です。

毎日、共働きなどで頑張っている方々に、喜んで頂けるような
お菓子をつくれるよう、精進したいと思います。

なりびとさんの魂の刻印のように、色んなパターンの有り様
が自然の姿だと思います。有機的な世界。

感謝^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。