FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

かぐや姫

かぐや姫 ・ 河島農園 ・ 自然農 ・ 神楽



P4141169.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


先の日曜日 / 河島さんに誘われて / 隣町の山間部にある / “かぐや姫の里山”へ / 息子三人と出掛けた










P4141175.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


スタッフのお爺さまから / 筍堀りのレクチャーを受けて / 子どもたちは山鍬を手にした










P4141177.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


よく整備された竹林の中は / 確かに“かぐや姫”が出て来そうな / 雰囲気に充たされていた










P4141185.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


三男の同級生も参加 / いくつも掘っては / 徐々にコツをのみこんでいた / 話では3年竹の根から / 最も筍が出るという / そしてよく出る表年と / 出ない裏年があるそうである / メスとオスの見分け方や / 掘る向きなども教わることが出来た










P4141186.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


筍堀りのあと / スタッフの河島さんが / 飼育したカブトムシの幼虫を / 子どもたちに分けてくれた / 夢中になって幼虫を探す子どもたち










P4141187.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


かぐや姫の里山は / 村中田浩二さんという / 元小学校の校長先生をされていた方が / 「子育て応援竹林公園」を目指して / 様々な活動を十年以上に渡ってされて来たのだが / 今年他界されてしまわれたそうである / カブトムシの幼虫を育てるのも / 子どもたちを喜ばせたいからされていたのだろう










P4141188.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


今回で最後のイベント / 亡くなられた村中田さんの弟さんが / 最後の筍堀りについて話された / 新茶つみ・沢カニ捕り・竹皮ぞうり作り / ツリーハウスや竹の滑り台 / 五右衛門風呂や竹ハンモック / 年間を通して楽しいイベントが多数行われ / 毎回百名以上の親子連れを中心に / いつも賑わっていたという / “たくましい子どもの育成”をコンセプトにされていた / 竹林のなかで多くの子どもたちが遊んだことだろう










P4141189.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


代表の方が亡くなられて / 教育に熱心な方に土地と建物を売られると聞いた / お金があったら買いたいくらい / 面白い場所である / 竹皮で遊んでいたら / 花かぐや姫になった……










178cdf77.jpg
(竹取物語)


我が家にも「竹取物語」の本があるけれど / 随分長いこと再読していない / 日本最古の物語とも言われているけれど / 「鳥獣戯画」を始め / 作者不明の作品には素晴らしいものがある / かぐや姫が帰る別の世界は / とても清らかで美しく老いることのない世界である / 地上を穢れた所として描いている点では / 昔も今も変わらないことだろう / 富士山の命名由来も竹取物語にあるらしい / 「竹取物語」は人間社会への批判精神に富んでいて / 音楽でいえば本物のロックに近いのかも知れない










P4141193.jpg
(かぐや姫の里山・国富)


筍掘りのイベントは / 大人三百円・子供百円 / スタッフの方々は皆無償ボランティアである / 河島さんもきびきびと動かれていた / 大きな葉釜で筍と無農薬野菜の味噌汁を炊き / 持参したおにぎりを食べながら / 参加者全員で昼食を楽しんだ / 子どもたちはよく食べていた / スタッフの方々に感謝










P4141195.jpg
(河島農園・河島夫妻)


今回イベントに誘って下さった河島さんは / 東京新宿生まれの新宿育ち / 官僚だったけれど奥様の病を機に / 生き方を変えられ宮崎へ移住された / 合鴨農法で無農薬のお米作りや野菜作りをされ / 賢治の学校との交流も長いことを聞いた / イベントを終え河島農園にお邪魔してみた / 奥様から手作りの飲み物を頂きながら / 広い農園と里山を見つめた / これからも楽しい交流が続くことだろう / 色々とありがとうございました










P4171198.jpg
(自然農七畝組 田んぼ)


先日 北城さんから / 二回目の自然農の田んぼレクチャーを受け / 七畝組の仲間たちと種まきのやり方を学んだ / 僕は所用で集合時間に遅れてしまったけれど / 気のいい人たちが手伝って下さった / 田植えは六月中旬頃の予定










P4181201.jpg
(賢治の学校・綾自然農生活実践場)


自然農を学ぶ日高ご夫妻と鈴木さんが / 田んぼの視察も兼ね遊びに来られた / そこへ懐かしい人が訪ねて来られ / 皆で談笑して楽しんだ










P4181203.jpg
(宇宙龍の絵画作品写真)


来客者は角脇さん / 南九州時代に交流のあった方だ / 朝・昼・夕と太陽光パネルの向きを変えられる / 自家製太陽光発電装置のことや / 音楽イベントのことなど / 七年振りくらいの再会もすっとんで / 話は盛り上がった / 写真は彼が主催した音楽と絵のコラボイベントの際に / 二人の絵描きさんが描かれた / 幅十メートル以上の即興絵画 / 一目見て「これは描かせられたのでしょうね」と僕が言うと / 「その通りなんだよ」と彼は答えた / 僕も以前 文化会館で / 和太鼓とコラボをして / 龍の絵を描いたことがあることも話した / 龍=神だと思う










P4181206.jpg
(イベント・チラシ)


角脇さんは篠笛奏者でもある / 今月末にイベントをするからと / 七畝組の仲間たちと話を聞いた / 神相撲・神楽舞・巫女舞 / 紙芝居や昔遊びもあるらしい / 早速チケットを買った










P4181209.jpg
(石笛)


角脇さんが聞かせてくれた石笛は / かなり音が響くので驚いた / ニホガイという二枚貝が / 自力で開けた穴は / 美しく精巧な穴だった / 石笛の響きは初めて聞いた潮騒に似ていた……















スポンサーサイト

Tag:人物 ・ 仕事  Trackback:0 comment:4 page to top

Comment

 |管理人のみ閲覧できます
# 2013.04.20 Sat23:37
このコメントは管理人のみ閲覧できます
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2013.04.21 Sun15:11
描かされた絵は活き活きとしていますよね♪
技術の習得から逃げる気はありませんが、
描かされる自分でありたいと願ってしまいます。

竹林は その独特の雰囲気がいいですよね。
まっすぐ伸びた竹の合間を抜ける日差しや、
竹林独特の足裏の感触・・。
ボクも好きです。

竹皮のかぐや姫もカワイイですねぇ(^^♪
すーさん URL|鍵コメさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.04.21 Sun20:57
鍵コメさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

今日は、高校と中学のPTA総会でした。あと小学校を終えれば
少しは落ち着くのでしょうか。学校、子供会、地域行事、仕事、
家事と目まぐるしいほどですが、理性を保つよい訓練にもなって
おります。

お蔭様で子どもたちは、皆元気です。次男は学級委員長になって
バスケットボール部に入部しました。担任の先生に恵まれました。
長男は、宮崎では一番よい高校の中で早くも級友に学問の刺激を
与えています。三男、四男はまだやんちゃですけれども。
あと十五年ほど、夫婦で走り続けていこうと思っております。
いのちの根っこをしっかりと見つめながら。

お元気でお過ごしください。感謝^^
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.04.21 Sun21:10
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

とても生きた絵でした。150万円で販売しているそうです。
以前ご紹介した世界最古の壁画もそうでしたが、何かが
天から降りて来るのでしょうね。それを精霊とも言えますし
神的なものとも言えるのかも知れません。

日本で唯一クラシックの作曲家として世界に名を馳せた
武満徹さんは、竹林の中で聞こえる音を愛して日本古来の
イメージにまで昇華して音楽にしていました。
竹林は管理しないと、見苦しくなるのですが。

kaminomoribitoさんだったら、どんなかぐや姫の絵を
描かれるのでしょう。この世の者ならぬ美しさ。
遊ぶ方が気楽ですね。感謝^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。