FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

照葉樹林文化シンポジウム

第17回 照葉樹林文化シンポジウム



P3240948.jpg
(綾町サイクリング・ターミナル)


先の日曜日 / 綾北川沿いにある / 公共施設へ出掛けた / グランドでは / 京都の高校生たちが / サッカーの練習に励んでいた










P3240950.jpg
(綾町サイクリング・ターミナル)


照葉樹林文化とは / 日本文化をはじめ / 東アジアの伝統文化の基層を形づくる / 最も重要な文化である / 佐々木高明氏(国立民族学博物館名誉教授)はそう語られている / 綾の照葉樹林は2000haで日本最大級の規模 /ブナ科のシイ類・カシ類11種 / クスノキ科5種・イスノキなどの / 高木の森になっている / 生態系調査によると / 今のところ 植物種848種が確認されている / 希少生物も数多く生きている / 綾での照葉樹林文化シンポジウムは / 今から30年前の1984年に始まり / 今回で17回目の開催になるという / 前綾町長の故・郷田實氏と / 宮大教授の上野登氏を中心に / このシンポジウムは生まれた / 照葉樹林文化は奥が深いから / 自分や先祖の根っこが見えて来るのかも知れない










P3240956.jpg
(宮崎大学名誉教授 上野 登氏)


現在87歳になられる / 上野登氏は / シンポジウムの冒頭 / ご挨拶を述べられた / 今年「てるはの森の会」代表として / “沼田眞賞”を受賞されたこともあり / 会場からは温かい拍手が贈られていた

☆☆ 日本自然保護協会 沼田眞賞 ⇒ 最新発表に関連記事あり










P3240957.jpg
(東京大学大学院教授 鬼頭秀一氏)


基調講演は「共生とは何か」 / 講師の鬼頭秀一氏は / 東大・新領域創成科学研究科におられる / 講演の内容は / 里山と人の暮しを中心に / ご専門の“環境倫理”の観点から / 実践的な共生社会づくりについて / 提案されていた / 現代社会ではお金持ちほど / 社会倫理に欠けていると / 欧米でも研究結果が示されているけれど / 自然を守ることとその社会の在り方について / 新しい倫理の必要性を感じてしまうから / 環境倫理学や環境病理学は興味深々である / 森や山や川や海(自然生態) / 生かされている生命(人々の暮し) / 鬼頭氏は講演の最後に / 宮城県のある親子の会話を / 映像で紹介された / それに関連する記事を以下にご紹介

☆☆ NPO法人「森は海の恋人」 ⇒ スクロールして 巨大防潮堤の記事










P3240963.jpg
(綾町照葉樹林文化推進専門監 河野耕三氏)


基調講演のあと / 綾の身近な生態について / 河野耕三氏が話をされた / なかでも“境界”についての話は / 自然生態の示唆に富んでいた / 奥山と里山 里山とまち / それらの境界に最も様々な生き物が生息するという / 川でいうと / 川と陸との境に甲殻類や魚類が多いのは / 川遊びを体験している人なら直ぐに分る / その境界にコンクリートを敷設することは / 生きものの住処を奪うことになる / 既に人間の欲望と無知によって / 多くの数え切れない動物や植物を絶滅して来た近代社会 / それは今でも続いていることである / 綾の照葉樹林を住民が守って来たことは / 世界の中で高い評価を得られるようになった / けれども自然体験の少ない世代は / 自然生態を知らないから平気で自然を壊している / それを近代的都会志向と呼んでいいのかは / 分らないけれどね










P3240965.jpg
(郷田美紀子さん 北城直樹さん 鬼頭秀一さん 河野耕三さん)


最期にパネル・ディスカッションが行われた / 目に見える自然と / 目には見えない自然 / 自然生態は食物連鎖などを含め人間の見方には関係がない / 生命の関わりと循環など / すべてが見えないと / 自然生態系は理解出来ない / 郷田美紀子さんはそこを論点に質問された / 自然農法実践者の北城さんの視点 / 鬼頭氏や河野氏の視点 / 限られた時間だったけれども / 子どもや大人の遊びが / 昔と今とでは違うことから / 自然生態を知る能力が低下していることを / それぞれが確認する内容だった










P3240949.jpg
(綾町サイクリング・ターミナル)


シンポジウムのあとは交流会 / 綾北川は悠々と流れ / 遊歩道の新緑や満開の桜が / 心地よく感じられた / 交流会会場は / 川沿いにあるバーベキュー棟で行われた










P3240970.jpg
(切り干し大根と人参)


手づくりの料理は / 薬膳茶房オーガニックごうださんの / 調理人さんたちを中心に / 旬の食材でつくられ供された










P3240977.jpg
(蕎麦汁)


竹のお椀づくりは / 前もって僕も参加して準備をした / そこに美味しい蕎麦汁が入れられた










P3240984.jpg
(交流会の料理の品々)


旬の野菜や野草など / とても美味しく頂いた / 裏方の人たちに感謝










P3240988.jpg
(竹めし)


竹で炊いたご飯は / ほのかに竹の香りがして / 格別だった / キャンプでの飯盒炊飯はしたことがあるけれど / 竹筒での炊飯は初めてだった / これは子どもたちに教えたいと思った










P3240983.jpg
(交流会の様子)


バイキング形式で食べながら / 昭和歌謡の演奏会などもあり / とてもよい雰囲気の中で / お腹を充たされていた / 故・郷田實氏の奥様は80代なのに / 甲斐甲斐しく蕎麦汁を皆さんに振る舞っておられた / 自分より先ずは皆さんに / そんな心意気がとても印象に残った










P3240997.jpg
(影絵 詩の朗読)


交流会の最後に / 綾・夢楽人(むらびと)の会のメンバーは / 手づくりの影絵による詩の朗読を披露された / 頭も体も心も 栄養をつけられた / この日のシンポジウムは / 夜半 幕を閉じたのだった(その後は実行委員による片付け 皆手弁当による無償ボランティア) / 郷田美紀子さんはやはり筋金入りのお方だ










P3240951.jpg
(綾町サイクリング・ターミナル前)


満開の桜 / 綾町内には桜並木があちこちにある / 突然吹く風に / 桜の花びらが舞い落ちる / 日本人は桜好きなのだろう / 今とても気になることがある / 国が推進しようとしている / 太平洋沿岸地区の / 巨大防潮堤の建設計画 / 政府は公共事業の名のもとに / 自然破壊を目論んでいるらしい / ゼネコンだけが儲かる話だけれど / 海と陸の“境界線”に / コンクリートの壁を造ったら / どうなるのか? / よくよく考えた方が得だ / 宮崎県の人たちも / よくよく考えた方がよいと思う / 様々な生物が生きるところを破壊して / 防潮堤をつくる価値はあるのだろうか? / 恋人と海岸に行ったら / 目に入るのは海ではなく / 立ちはだかるコンクリートの壁 / 鬼頭秀一氏は基調講演の最後に / ある若者の歌を流された……

☆☆☆ 防潮堤の歌♪ ⇒ 巡り愛 TOHOKU  千葉拓
















スポンサーサイト
テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

Tag:綾の自然・風土  Trackback:0 comment:9 page to top

Comment

あやみ URL|
#- 2013.03.28 Thu11:36
すーさん、おはようございます。

「境界」は位置と材料しだいで良くも悪くもなりますね。コンクリート(セメント)は毒物です。そして何千年もその醜い姿を晒す撤去困難な塊です。強固な境界で封じ込めなくてはならないのは「炉心」なのに、あの人たちは何をしたいのでしょう。いっそフクイチをゼネコンに丸投げして「何とかしてみろ」と言ってみてはどうでしょうかね。(もちろん奴等が大好きな入札で決めます)

昔から日本では「境界」を大事にしてきました。悪霊をせき止めるためです。注連縄や鳥居、道祖神がそうです。しかしこの境界も下手をすると「羅生門」のように鬼の棲家になってしまいます…何かの流れを絶つということは浅はかな考えではしてはいけないことなのだと思います。

高気密住宅がアレルギー疾患の温床になっているのも、ビニール袋の中の食べ物が腐るのも、それと無関係ではないでしょう。
すーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.03.28 Thu22:22
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

今年の初めに、住宅解体の仕事をしました。マスクをしていても
涙が出るほど大変な仕事でした。作業員の健康被害も考えれば、
コンクリートや新建材はリスクが大き過ぎますね。あやみさんが
仰るように、本当にすべきことは廃炉の遮蔽なのに自分たちは
リスクを避けて、文句を言わない自然を相手にするわけです。
大きな禍根を残しても、責任を負うという倫理はありませんから
内側は荒んでいきますね。

日本古来からの境界については、あやみさんの方がお詳しいでしょう。
自分たちの祖先を敬い、郷土を大事にする気持ちは、大切ですね。
防潮堤、烏滸がましい話です。

衣食住すべて同じ根から来ている問題なのです。根を腐らせないため
には、よく見極めなければならない時代ですから、安易に流れること
が罠にかかりやすいことを知り、後の祭りにならないようにしないと
ならないのでしょう。そのことを3・11で学んだはずですから。
感謝^^
 |管理人のみ閲覧できます
# 2013.03.30 Sat10:21
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんにちはです。 URL|こんにちはです。
#- 2013.03.30 Sat17:28
コンクリートと蛍光灯は高度経済成長の表れとして崇められてきましたから、
そこからの脱却にもそれ相応の心に響く何かが必要なのかもしれませんね。

先日もそうでしたが、3面護岸の水路にはミジンコなんて居やしない・・。
地面と水面の境界、川と海の境界を人間が仕切るのはいかがなものかと思います。

あ、竹飯も美味しいですよね♪
年明け頃に杵で突いたお餅を竹筒に入れて保存していたものをいただきましたが、
これもまた 美味しかったですよ。
 |管理人のみ閲覧できます
# 2013.03.30 Sat17:32
このコメントは管理人のみ閲覧できます
すーさん URL|鍵コメさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.03.30 Sat20:13
鍵コメさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

そうですね。自分の首を絞めているのかも?

とても深化されたのですね。作品が語っております。

これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

感謝^^
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.03.30 Sat20:26
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

コンクリート好きな著名な建築家が関西にいますね。
おだてている人たちの真意が見えないのでしょう。

kaminomoribitoさん、そうなんですよ。
三面護岸がもっともいけないようです。ある土建屋さんが
ニュージーランドへ行って来て、護岸工事が遅れていると
鼻を高くして言いました。視野が狭いのでしょう。その人は
真面目でいい人なのですが。

竹筒で保存したお餅ですか。美味しそうですね。
いざという時のためにも、色んな活用を憶えておいた方が
いいのでしょうね。何だかお餅が食べたくなりました^^
感謝。
いちごじゃむ URL|
#8kXIh0Eo Edit  2013.04.02 Tue14:30
こんにちは^^
竹はいろんな使い道がありますね。

うちの夫は子供の頃に、筍の柔らかい皮に梅干しを包んで
おやつ代わりに食べていたそうです。

皮に包まれた梅干しをチューチューと吸っているうちに、
白い皮に梅干しの赤い色が浸透してきれいなピンク色になるそうです。

そんな子供の頃の話を聞いて、ちょっぴり羨ましく思ったりしました。

竹筒の竹飯、美味しそうですね^^

自然の物でこうしていただけるのは、嬉しいですね。
すーさん URL|いちごじゃむさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.04.02 Tue19:50
いちごじゃむさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

ご主人さん、剥きたての皮を使ったのですね。それは
思い付きませんでした。何だか面白そうですね。味を
想像するより、実際にやってみたくなりました。

今は袋の味、昔はお袋の味、と言われる現代ですから
食生活を通して自然と遊ぶことが少なくなりました。
自分で考えたり、思い付いたりする経験は、遠ざかり
人間も金太郎飴みたいになって来ていることを少し
侘しく思うこの頃です。

竹筒の竹飯、こだわる地元のおじさんがいたお蔭でした。

あっ、忘れていました。赤紫蘇の種まきをしていません。
あらら、いちごじゃむさん、植えました?
感謝^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。