FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

再生 リフォーム

再生 リフォーム & イベント



P2020717.jpg
( Before 南側 )


移転して早 50日が過ぎた / 学び舎の南側には / 開校当初からの桜がある / ようやく外回りにも / 手が回るようになり / 草で覆われた桜の根元にある / 草を刈りツルを切った / 朝晩はまだ冷えるけれど / 晴れた日の日中は / 日向の国らしく気温が上がる / 写真は先月撮影したもの










P2150754.jpg
( After 南側 )


玄関前の舗装部分は / 半分土に埋まっていた / スコップで土を取り除いてから / 木々の剪定をしたり / 草をノコギリ鎌で刈ったりした / それから花を植えた / 今月半ばから / 宮崎神宮内にて“植木市”があるらしい / 香りのよい花木を見つけて来ようと思う










P2150755.jpg
( After 玄関 )


倉庫の掃除をしていたら / 古びた木部用塗料を発見 / 南側の木部はかなり傷んでいたため / 玄関周りから塗装作業を始めてみた / 表札も造り直してみた / 渦巻き型のオブジェは / ここを卒業してから / 現在自然農法農家をされている / Tさんの作品 / 金沢美大出身・一児の父である










P1280698.jpg
( Before 土間廊下 )


元々は馬小屋だった建物 / 土間の両側に馬たちが……と想像してみる / 今月から土間廊下の壁や天井にある / 蜘蛛の巣や埃を取る本格的な清掃を始めた / 農作業用の長靴や板や様々なものを整理して / なるべく開校当初に戻し / 晴れた日には 風を通した










P2150762.jpg
( After 土間廊下 )


土間廊下は何とかさっぱりとした / 夜 各部屋の名前を考え / プレートをつくり / 手描きして / ドアの上に取り付けた / 右側が実習生用の部屋(6帖2部屋・8帖3部屋) / ティアフル・アイ / イーハトーヴ / 銀河鉄道 / よだかの星 / なめとこ山 / セロ弾き / やまなし / 左側奥から / 山猫軒(食堂) / グスコーブドリ(図書室) / 木偶坊(でくのぼう:事務所) / カンパネルラ(書庫) / 木偶坊は アトリエも兼ねている / 現在描いている注文油彩画は / 九重連山に沈む夕日の絵と / 綾城の絵と / 肖像画の3枚を同時制作している / 有り難いことに / そのお蔭でアルバイトを休んで / 再生作業に時間を充てることが出来た










P2150763.jpg
( After 食堂 )


写真奥の食器棚の横には / 冷蔵庫が2台置かれてあった / 何だか大きな顔をしているようで / 僕は気に入らなかった / 左側の棚の奥を取り壊す大工仕事をして / 冷蔵庫置き場にリフォームした / 照明は“蛍光灯”だったから / ペンダントを買い“電球色”のLEDに変えた / 蛍光灯の灯りは料理が不味く見えるし / 顔色も悪く見える / ペンダントは宮崎市内のリサイクル店を隈なく廻り / 2,300円(銀色)と1,200円(黒色)のものを見つけた / 紫色のインド綿生地もリサイクル店にて購入 / 予算が少なくとも何とかなるものである / 古民家再生などで覚えたリフォームの技術は / 何かと役に立っている










P2150766.jpg
( 食堂 展示写真 )


宮沢賢治氏の / “農民芸術概論綱要”は / 20代の東京時代に出会って / 深く感動した本である / 写真右上は / この学び舎が出来るときに撮影された / 左から鳥山敏子先生(東京・賢治の学校代表) / 田淵さん(綾のオーガニック・ファーマー) / 郷田實氏(綾町前町長) / 郷田ちさ氏(郷田實氏奥様) / 素敵な表情をされている写真 / 郷田實氏は他界されていないけれど / 現在70代80代の御方達である / 写真右下は / 筑紫哲也氏が綾に来られた時 / 賢治の学校を訪問し記念に撮られた写真である / 故筑紫氏は綾が好きだったと聞いている

現在二つの実行委員会に誘われ / 新参者ではあるのだけれど / 会合に参加している / その二つとも実行委員長は写真右下の中におられる / その一つ 「照葉樹林文化シンポジウム」は / 3月24日午後2時から行われる / 今年で17回目を迎え / 今回は東大大学院教授・鬼頭秀一氏(環境倫理学)の基調講演と / 綾の自然農法農家・北城直樹さんや / 綾照葉樹林文化推進監・川野耕三氏の / パネル・ディスカッションなど予定されている / テーマは 綾ユネスコエコパーク登録をふまえて / 『自然生態 知ることからしか始まらない 自然との共生』となっている / コーディネーターは 郷田美紀子さん

もう一つは / 「ふれあい綾もりの市」 / 実行委員長の中村嘉寿さんは / 同じ地区に住んでおられる方 / 参議院の事務局に勤めておられたけれど / 綾が気に入りご家族で東京から移住された / ふれあい綾もりの市は / 軽トラ市のようなもので / 毎月第3日曜日に行われる / と言っても4月から始まる新しいイベントである / 地域行事に子ども会 / 学校行事に様々なイベント / 消防団は流石にもう入らないと思うけれど / 地方で暮すよさは人々の繋がりにある / 郷田實氏の掲げた“結いのこころ”は / これからの綾をより魅力的にしていくのだろう / ユネスコエコパークに登録された環境都市・綾 / 共生の地域社会はどこまで進化出来るだろうか










P2150758.jpg
( 東側自然農畑 )


自然農法と云えば / 愛媛の福岡正信氏や / 奈良の川口由一氏が / 広く知られている / 耕さない・草を刈らない・堆肥を施さない / 大まかにはそんな感じだ / 郷田實氏は「有機農法でも人間の傲りを感じる」と / かつて話されていたそうである / そして川口由一氏の自然農と出会い / 鳥山氏と賢治の学校を綾に創設された / 綾では“生態系維持農法”とも言い / 現在の先駆的農家さんは / 有機農法・自然農法・自然栽培農法のいずれかをされている / 勿論慣行農法生産者の方もおられるが / 生態系維持農法を町全体で推進している / いい野菜は 甘くて美味しい / そして人間のエゴが少ないもの










P2150759.jpg
( 西側自然農畑 )


ここの自然農畑は / 微生物の宝庫かも知れない / 自然を汚さず / 自然と共生することは / そのまま子どもたちの未来につながる / とても大事な問題なのだろう / ここで学び合いながら / 命そのものと向き合いながら / 生活の実践を楽しみたいと思う / 3・11 あの日を 忘れることなく










P2150760.jpg
( 西側五右衛門風呂 )


賢治の学校の共同風呂は / ヒノキ風呂だから / 入浴中ヒノキのよい香りが漂う / 外には錆びついた五右衛門風呂がある / 時間が出来たら囲いをつくり / 星空を眺めて入浴出来るようにしたい / 鶏小屋は東屋に改築して / 葉釜でご飯を炊いたり / 野外調理できる場にしていこうと思う / その五右衛門風呂の周りに / 誰も種を撒いていないのに / 大根が勝手に育っていた / 子どもたちが引き抜いては / 夕餉の御馳走になっている










P2140748.jpg
( ??? )


先日のバレンタインデーの日 / 実習生のKさんが / 「ジャジャーン!」と言って / 夕食時に出された手づくりチョコ / 僕は生まれて初めて食べた! / 右側のチョコの材料は??? / ある野菜 不思議な食感 / なかなか美味しかった / 日常の中の小さな学び?

ここへ来て すっかり / 野菜中心の食生活になったけれども / 「野菜料理は手間がかかるのよ」と妻は言う / 確かにそう言えるだろう / ある若い女性たちが / 「毎日おからクッキーを食べてダイエットしてるのよ」と話していた / 月に2万円くらい通販で購入しているという / う~ん、手間をかけて野菜中心にすれば!と言いたくなる / 子どもを育てられるのかなぁ / 自然生態 知ってるつもり?なのかもね











スポンサーサイト
テーマ : 住まい リフォーム
ジャンル : ライフ

Tag:賢治の学校 綾自然農生活実践場  Trackback:0 comment:16 page to top

Comment

メルロン URL|
#ugHYyHaM Edit  2013.02.18 Mon20:07
お久しぶりです!

素晴らしいの一言に尽きます。

手作り酵素の師匠のお宅で一人ばえのお野菜を頂きました。
とても優しい味でした。

自然と共にある暮らし、少しでも近づきたいものです。
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2013.02.18 Mon23:22
すーさん・・イキイキとしていますね♪

なかなか実戦できるものでは無さそうなことを楽しげに・・。
心の置きどころを変えるとシンドイ面も多々あるのでしょうが、
自分の想いが後押しをして 振り返ると楽しさだけが想い出される。
そんな光景が目に浮かぶようです。

玄関先の巻き型のオブジェ・・イイですね♪
今 言葉では表現できないけど 人生の縮図みたいです。

いつも新鮮な驚きと感動をありがとうございます。
すーさん URL|メルロンさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.18 Mon23:57
メルロンさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

自然農、土さえ健康であれば、そんなに難しい栽培法ではないと
思います。色んな意味で刷り込まれていますから、それぞれが
自然と向き合えばよういのでは、と思います。

拙いブログですが、これからもよろしくお願い致します。
メルロンさんの発酵食も楽しみにしております。織物も。

感謝^^
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.19 Tue00:06
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

心のメッセージ、いつも有り難く思っております。

確かに以前より体力は落ちたようで、時々痔が出ます。痔も自我も
出さない方がよういのですが^^;それでも、農薬や化学肥料を
使わない、自然の力がみなぎる野菜を頂けることは、心身によいと
実感が増しています。

野菜とカカオはなかなか合います。今度、試してみてください。
最近、大根の偉大さを学んでいます。また記事に出来ればと思います。

ハートに感謝^^
きなりM&O URL|
#- 2013.02.19 Tue11:45
すーさん、素晴らしいですね。
大変な事も沢山あるでしょうけれど、応援しております。
大自然もきっとすーさんの味方をしてくれることと思います。
おか~やんより
なりびと URL
#- 2013.02.19 Tue17:58
コンニチワ!

こんな自然いっぱいの所に暮らす事が出来たら、
今の価値観がひっくりかえりそうな
そんな素晴らしい所ですね~。

うちの旦那様の実家は、農家で、
仕事とは別に家だけで使う野菜を
色々育てています。
ワタシの子供(孫)達にも、
野菜色々頂くのですが、
孫達が食べるからと、農薬とか殆ど
使っていないと想います。

時には、ジャガイモを掘らせてくれたり、
大根を引っこ抜かせたりして、
子供達もですけれども、
その姿を見る当の本人(ばあちゃんじいちゃん)が
何よりとっても嬉しそうです。

農業はたまにするのはいいのですが、
専業となると、ものすごく大変です。
(ワタシは農家の娘でした・・・笑)
(一日500円で、相当働かされました・・・・笑)
(それが、トラウマになっているのかも・・・笑)


話はかわるのですが、
ワタシは最近、肉、お菓子類を全部止めました。
というか、食べたいと想えなくなったんです。
あんなに、大大大好きだったのに~。
そうしたら、性格が以前より、落ち着いてきたように感じます。
間逆になったとまでは言いませんが・・・。
怒りが持続しなくなったって感じです。

食べ物で性格が変わるなんて、嘘っぱちだと想っていたのに
本当だったんですね~。身をもって体験いたしました。

ヒノキ風呂入ってみたいですね~。
気持ちよさそ~。




あやみ URL|
#- 2013.02.19 Tue20:17
こんにちは。

記事から春の土のにおいが漂ってきています。冬の湿り気が日の光を浴びて目を覚ます、そんな眩しい季節がはじまりましたね。
こちらはまだもう少し先です。このまま少しずつ暖かくなり、四月の終わりごろに寒の戻りが必ずやってきて、何年かに一度はせっかく出てきた杏やブドウの花の蕾が凍り付いて全滅してしまいます。でもそれは木が体を休めるために必要だから、といわれています。去年はリンゴがだめでした。今年はどうなるでしょうか。

土を健やかに保つこと、これが今は難しい。その努力が必要な訳ですが、もし昔の人が見たら「あほか」と思うことだらけなのでしょう。

ゴボウチョコ…ですか?
すーさん URL|きなりM&Oさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.19 Tue21:35
きなりM&Oさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

昨年末から記事を拝読するばかりですが、いつも
気にかけております。息子さんたちがたくましく
成長されていくことを楽しみにして読んでいます。

そちらはまだ銀世界なのでしょうね。綾では雪さえ
降らずに春の訪れを待つのでしょう。日本は四季折々
多彩ですから美しい国だと思います。これ以上自然を
壊したくないと切実に感じています。

おかーやんの愛に感謝^^
すーさん URL|なりびとさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.19 Tue21:50
なりびとさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

確かに作物を作ることは大変ですよね。こんな苦労をさせたくは
ないと思うから、後継者も少なくなるのかも知れません。
けれども農薬や化学肥料で自分の体を張って病気にかかりながら
働くことが近代農法と経済優先の落とし穴なのかも知れません。

労働は喜びがなければただ辛いだけですから、自然農はそういう
観点からも理想的だと思います。そんなにお金を稼がなくても
楽しく創造的に暮らせる共同体も同時に大きな課題になっては
来るのですが……。

なりびとさん、女性だったのですね。はは、僕はすっかり名前で
判断していました。食べ物で中味も変わることは、とても科学的だし
少年院に入る青少年の食生活が犯罪衝動と結びついていることは
証明されているようです。なりびとさんの体験は素晴らしいこと
だと思います。

なりびとさん、是非遊びにいらしてください。檜風呂と、体に
美味しい食事が待っております。

感謝^^
すーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.19 Tue22:13
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

いつかトルコに行ってあやみさん御家族にお会いしたいなぁ…。

こちらは、そちらより少し早く春の訪れを迎えると思います。
目の前の畑や庭の自然の移ろいを観察する余裕がない今の状況は
あまり好きではありません。目の前にある小さな豊かな宇宙を
じっくり観察できる日を早く送りたいものです。

先日のある会合で、今の日本はエコと言っても、エコロジーと
エコノミーがセットになって、結局エコノミー優先になるんだろうね、
などと世間話をしていました。足かせはアメリカなんでしょうね。
あやみさんが仰るように、昔の人からしたら「あほか!」ということ
ですものね。地球上の生き物で人間だけが愚かですね。心の美しい人
もいますけど。

そう言われてみますと、ゴボウも合うのでは?と思います。
正解は、切り干し大根です。

感謝^^
やっちゃん URL|
#- 2013.02.20 Wed00:01
すーさんこんばんわ
大変な体力仕事でしょうけど、、、
きっと心地良い疲れでしょうね。
「労働は喜びがなければただ辛いだけですから」
ほんとにそう思う。拷問に近いかも。
1日の大半、労働するんだものね、、、特に男性は。
yokoblueplanet URL|大きなテーブル
#- 2013.02.20 Wed01:31
こんばんは。
忘れない内に〜前回、書き忘れました:食堂の一枚板の大きなテーブル、そこにあるだけでどっしりと皆を守り見守ってくれそうなテーブルです。
着々と物事が進んでいる様子が形になって見えて、嬉しい事ですね。
すーさん URL|やっちゃんさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.20 Wed21:37
やっちゃんさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

家事労働もなかなか大変だと思いますが、労働者の暮しが
少しもよくならないことも大きな問題ですね。

スポイルされない生き方を模索した方が賢いのかも知れません。
南九州は、だれやみになって堂々巡りしてしまうから^^;

やっちゃんさん、いつか遊びにいらしてくださいね。
感謝^^
すーさん URL|yokoblueplanetさんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.20 Wed21:44
yokoblueplanetさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

タブのテーブルは、賢治の学校が完成した際、郷田實氏が寄贈された
そうです。そして開校式の年に旅立たれてしまいました。自然を
よごさない、人をだまさない……その道のりはまだまだ長いように
思われますが、ゴーダイズムは継承されていくと思います。

木偶坊、案外気に入っております。実践第一。

感謝^^
彼岸花さん URL|
#bKDOO.Zg Edit  2013.02.22 Fri10:04
おはようございます。
新生活が着々と整えられていくのを見て素晴らしいなあ、と
思います。なんと何もかもが美しいのでしょう。
建物も、ひとが住んでくれなければ、ただ荒れていくだけ。
でもこうやって、さぞかし大変だったろうと思いますが、掃除をして
風を通して、ひとが住むようになれば、また生き生きと。
建物も庭も畑も、五右衛門ぶろまでがなんだか喜んでいるように見えます。
夏、僕の中で星空見てね、って。^^
明るく整えられたお台所と食堂。居心地よさそう~~~~~♪
子供たちがここで勉強し、絵を描き、話しに皆さんで興じるのでしょうね。

まだまだ軌道に乗るまで大変だと思いますが、こうやってものを
作りあげていく喜びは何ものにも替え難いですね。

新生活開始のお祝い申し上げます。『賢治の学校 綾自然農生活実践場』のますますのご発展を祈っていますね。
これからもいろんなお話、楽しみにしています♪



心から
すーさん URL|彼岸花さんへ
#dSgqtt7g Edit  2013.02.22 Fri20:36
彼岸花さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

賢治の学校・綾自然農生活実践場は、2000年4月に開校しました。
当初スタッフは数名おりましたが、4年ほど前から1人になりました。
おそらく色んなことに手が回らず、経営も赤字続きで現在に至り、
今年から僕が責任者になった次第です。しばらくは再生作業に終始
しますけど、4月からは新体制で運営していこうと思います。

昨日は、東京・賢治の学校の第1期卒業生でもある駒澤大学3年生の
若者が訪ねて来ました。自転車で大坂から来ました。鹿児島を回って
3月中に帰京するそうです。考古学を専攻しているため、古墳を見て
廻るそうです。なかなか優しく逞しい青年でした。

子どもたちの未来を本気で考え実践する場にしていこうと思います。
彼岸花さんの憂いも僕の怒りも鑑みて、光を足元から照らさないと
子どもたちに申し訳ない気がします。拙いけれど、やるしかない、
という感じです。

彼岸花さんの理知力と発信力は、とても勉強になります。
これからも楽しみに拝読させて頂きますね。しばらく、スローペース
になると思いますけど、よろしくお願い致します。感謝^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。