FC2ブログ

ロマン ナイル川源流

ロマン 小川さん ・ 九州の食卓



PA130196.jpg
(オーガニックごうだ)


オーガニックごうださんの / 店内に生けてある花々は / 野山や庭から持ち込まれるものが多い / 毎朝豆をミルで挽き / フレンチ・プレスを使い / 珈琲を飲まずにはいられない僕は / お茶を飲む機会が少なくなっている / 緑茶の葉は 料理にも使うそうである / 九州の食文化を 楽しまなくては!










PA130198.jpg
(季刊誌 九州の食卓)


九州は食料自給率が高い / 農家さんがつくる作物は多品目だから / まさに“百姓”(百の技術と知恵)と云える / 季刊誌「九州の食卓」は / 様々な角度から九州の食文化や / こだわりの農法やお店を紹介している / 綾には素晴らしいお百姓さんが多く存在する

先日 地域の方から / 大根の間引き菜をたくさん頂いた / 量が多いため 妻は塩漬けにした / 漬けた大根葉を絞り 刻んで / ゴマ油と 醤油で炒める / 最近の僕の昼食 / とても美味しい










PA130200.jpg
(ほんものセンターの野菜)


綾のほんものセンターに / ほぼ毎日通っている / 野菜6品目のお値段は800円ほど / すべて“金”である / 昭和63年に綾町が独自に発足させた / 自然生態系農業認定制度 / “金”の農地検査は / 土壌消毒・除草剤を 3年以上使用していないこと / 生産管理検査では / 化学肥料・化学合成農薬を 使用していないこと / 農家さんが 自分たち家族が食べる野菜と / 商品として出荷する野菜を分けてつくることは / よく聞く話である / 農薬の健康被害を知っているのだろう / 綾のほんものセンターに登録している / 地元生産者は 千名ほどになる / 有機農法だけではなく / さらに高度な自然農法農家さんもおられる / 素晴らしいお百姓さんを / ゆっくり訪ねてみたいな

体が感じる味覚には / 大まかに二つあると思う / 一つは“舌”で感じる味覚 / もう一つは“内臓”で感じる味覚 / 僕が若い頃は ジャンクフードも食べたけれど / 新陳代謝が落ち始めた40代 / 二つの味覚が喜ぶ食生活に変わった / 口の中に入れて美味しいと思うのは / 表層感覚みたいなもので / 五臓六腑にしみる美味しさは / 深層感覚に近いから / 体全体の細胞の声を聞くことになる / 添加物の入った食べ物は / 空腹は満たされるけど / 内臓が喜ばない / 体は 正直である










PA130202.jpg
(パン工房 綾)


先日 照葉大吊橋の手前にある / “パン工房・綾”さんを訪ねた / 10年振りくらいになる










PA130203.jpg
(パン工房 綾)


天然酵母のパン屋さんを / ご夫婦でされている小川さん / この日は“オレンジ・パン”を買い / 外のテラスに出て 家族で頂いた / ふくよかな香りと 丁度良い歯ごたえ / 妻も長年 天然酵母パンをつくって来た / 玄米と味噌汁が主食だけど / 天然酵母のパンも好きだ / 時々天然酵母とうたいながらも / 原材料を見ると 詐欺まがいの商品も見かける / 小川さんのパンは 材料も吟味されている










PA130205.jpg
(朝日新聞GLOBE 10月7日号)


今回 訪ねた理由は / どうしても小川さんから / お聞きしたいお話があった / 朝日新聞が特集した / 世界で一番長い “ナイル川”を特集した記事に / ご本人が登場されているからだ










PA130204.jpg
(朝日新聞GLOBE 記事拡大)


今年の9月 小川さんは / ナイル川源流を 訪ねた / 今から43年前の 学生運動が盛んな頃 / 小川さんは 早稲田大学生だった / 探検部に所属していたことから / “ロマン”を求めて / 1969年 ナイル川源流へ向かった / 水源を突き止める 探検だった










PA130206.jpg
(小川さん 資料)


エジプト文明を育んだ / ナイル川 / その源流を探検するという / ロマン / お仕事中にも関わらず / 色々話して下さった / ナイル川源流については / 19世紀の半ばには / 答えが出ていると 言われていた / 1862年 イギリスの探検家・スピークは / ビクトリア湖を源流とみなしていた / その後1898年 ドイツの探検家・カントは / ビクトリア湖に注ぎ込む / “カゲラ川”を / 本当の水源とみたらしい / 小川さんは 早稲田大学探検部にいた頃 / 色々調べた結果 カントを高く評価して / カントの発見した水源へ行ってみよう! / ということで ルワンダの森に分け入ったのである / 水源地に近い 写真右上の牧師さんを訪ね / 地元ガイドの人たちと / 水源地周辺の測量もされたそうである(写真左下) / 今年 43年振りにそこを訪ねたら / 牧師さんは 1981年に他界され / 記憶も断片的だったことを / 小川さん御自身が驚いたという / 43年の空白から 無理はないだろうと思われる










PA130210.jpg
(小川さん 資料)


21世紀に入り 2006年 / イギリスの探検隊が / ナイル川をボートで上流へ遡り / GPSや衛星写真を活用して / 新たな水源地を発見した / そのポイントは / カントや小川さんが水源とする所から / 5kmほど離れている / 現在 ルワンダ政府公認の水源地として 看板も立ち / イギリス隊の発見ポイントが正しいとされている / さて ここからが面白いのである / 小川さんは ルワンダのエコ・パーク地図や / 等高線が引かれた地図を出されて / 政府公認の水源地は どうも疑わしいと推測されている / 何故ならば イギリス隊が発見した水源地は / 標高2428m地点であり / それよりも高い 2500m級の分水嶺を越えないと / カゲラ川には 合流出来ないからだ / カゲラ川以外の谷川の水源ならば / 短い支流のため 源流とはみなされない / どうやら 小川さんが求めたロマンは / まだまだ 続きがありそうなのである……










PA130209.jpg
(小川さん)


天然酵母のパン職人でありながら / かつてナイル川の源流に / ロマンを感じた小川さん / 綾には 面白い人がいる / ナイル川源流のルワンダの森は / 照葉樹林の森に 似ていたと仰っていた / 染色体から人類の起源を探ると / アフリカの一人の女性に辿り着くとされている / 山があり 森があり 川がある / アフリカのロマン…… / 楽しいお話に感謝










PA130228.jpg
(綾・馬事公苑)


夕刻 馬事公苑の馬たちは / もう休んでいるようだった / 山の端は紫色に染まり / 鳥たちもねぐらに帰っていく / 秋は深まりつつあった











スポンサーサイト



テーマ : ♪人生・生き方♪
ジャンル : ライフ

Tag:人物 ・ 仕事  Trackback:0 comment:12 page to top

Comment

kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2012.10.14 Sun15:01
ロマン・・ですね♪

『綾』という土地はとても魅力的で素晴らしいところなんでしょうね。
だからこそいろんな方々が帰ってこられる・・住まわれる。
そして すーさんも・・。

以前、まだ小学生だった息子を連れて 近所を流れる小さな川の源流探しに行ってみたことがあるんですが・・。
悲しいかな そのほとんどが三面護岸の小川(水路?)に変貌してしまっていました。
ボクの幼い頃の記憶とは掛け離れた風景。
ボクは息子に申し訳ない気持ちでいっぱいになったのを覚えています。

ナイルへの想い・・。
小川さんは新たな夢を見付けられたのかもしれませんね。
yokoblueplanet URL|こういう生き方
#- 2012.10.14 Sun18:43
こんばんは。
こういう生き方、理想ですね。小川さんも農家の皆さんも。
そして身体に良いものを皆さんに供給して行く。
命をよくよく考えると、結局そこに辿り着くのですよね。
都会の生活があまりにも命の根源から乖離してしまっている今、日本社会の方向を決めるのはその「都会派」部族。
この流れを変えなければ、健康な社会は造れないですね。
ふくちゃん URL|
#- 2012.10.14 Sun18:56
私も間引きした大根の葉の塩漬けが好きです。煮付けも大好きです。すてられませね。
すーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.14 Sun20:04
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

綾に移住して、まだ間もないですから、これから
どんな人物に出会うか楽しみです。さらに広く九州の
面白い人たちにお会いしてみたいです。

源流探検って面白いですよね。けれども、時代が変わり
風景も変わりますと、やはりショックを受けるものです。
kaminomoribitoさんの探検心は、きっと息子さんにも
受け継がれるでしょう。

小川さんは、イギリス隊が再度調査をして、本当に源流
であるか確かめた方がいいと話されていました。誰かが
このロマンに感応して、動いて下さるといいのですが。

天然の酵母を扱うことも、探検に似ているかも知れません^^
すーさん URL|yokoblueplanetさんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.14 Sun20:20
yokoblueplanetさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

そう仰って頂けますと、努力が報われる気が致します。
僕も都会生活をしましたから判らないでもないのですが、
生命感覚が麻痺することは否めません。主に人工物から
受ける人間の感覚には、錯覚や幻想が入り込みます。
都会の子供たちが山村留学をしたり、何らかの形で自然
と対話する機会は必要だと思います。本来、文科省の
仕事ですが、当てに出来ませんね。

健全な地方があれば、そこからイニシアティヴを生み出し
ていくことも課題なのでしょうか。都会に生きる人たちが
傲慢にならない品性を持していくことを希望しています^^
すーさん URL|ふくちゃんさんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.14 Sun20:28
ふくちゃんさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

間引きした大根葉は柔らかくも歯応えがありますから
美味しいですね。煮付けも美味しいです。ただ、熱を
加えますと、酵素がなくなりますから、炒める時は
酵素を破壊しないように、さっと調理しています。

ふくちゃんさんが作られる料理は、感謝と愛情の味が
感じられそうです。大根、大好きです^^
Lily姫 URL
#- 2012.10.15 Mon17:28
私も間引き菜が大好きです
塩漬けにしたのを刻んで、そのままご飯に混ぜちゃいます
あー 早く食べたいなあ  つばが出る~
のんびりLilyは、昨日こそ、やっとこ、大根の種を蒔きました
間引き菜までは遠いです(>_<)



アフリカのロマンのお話、「大地の子エイラ」を思い出しました
また読みたくなりました
今度、再読したら、5回目です
すーさん URL|Lily姫さんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.15 Mon21:23
Lily姫さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

大根の種まき、まだ間に合いますものね。僕は綾へ来てからは何も
栽培していません。来年はエンゲル係数を下げないと^^;

Lily姫さん、畑は楽しいですよね。綾には、畑に合掌する人も
おりまして、実に楽しいです。間引き菜、都会では食べる機会の
なかったことを思い出しています。

読書家なんですね。「大地の子エイラ」気にして見つけたいと
思います。5回も再読されるなんて、相当面白いのでしょうね。
「豆腐屋の四季」もいい小説ですよね。読書の秋…
朝昼晩、絵ばかり描いています^^
ひよっこ URL|こんばんは
#- 2012.10.16 Tue22:07
綾では、素敵な出会いがいっぱいあるようですね。

五臓六腑にしみる美味しさをつくりだすお百姓さん
それに小川さんのようなオンリーワンの楽しいひとたち 

これからもお話を楽しみにしています(^^♪
すーさん URL|ひよっこさんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.17 Wed20:05
ひよっこさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

有機農業を推進する自治体はいくつかありますが、
綾はよき生産者と行政が二人三脚で進めて来ました。
郷田實氏の理念は、経済優先とは言い難いところに
特徴があると思います。今は時代が追いついたよう
ですけど。

戦前まで当たり前にして来た先人の知恵や労苦や
楽しみ、学ぶことがたくさんあります。ひよっこ
さんの畑も収穫の秋ですね^^
kazi URL|
#- 2012.10.18 Thu00:43
源流を知るというのが、この現在に至ってもなかなか難しいものなのですね。いろいろと政治的にも。
物事の源流というのも結局はわからなくて、いろいろな人の価値観で物事がすり替わって行くようです。ただそれは正しくないというわけではなく、むしろ洗練されてる場合の方が多い。
いろいろな技術や価値観の進歩が、洗練されていけばきっと良いものになって行くような気がします。

玄米さっそく食べてみました!お米屋さんからは「最初は5分か7分くらいがいいと思いますよ。」と言われたのですが、最初から玄米!全然大丈夫でした☆まあ、あまり味を気にしない人なので(^_^;)
しばらく試していきますね☆
すーさん URL|kaziさんへ
#dSgqtt7g Edit  2012.10.18 Thu19:39
kaziさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

洗練してない…なんていう言葉をすっかり聞かなくなりまし
たから、新鮮な響きを感じます。価値観何でもありの節操を
なくした現代ですが、仰るように、洗練させていけばよいの
ですね。深く得心いたしました!

さすが、kaziさん。お心が真っ直ぐですね。
是非、1ヶ月は試されてみてください。3食のうち1食だけ
で充分効果があると思います。アクション指導、怪我をなさ
れないよう、気をつけてくださいね^^

 
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link