FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

humen ERROR

humen ERROR  魂の歌








PB268275.jpg


 週末、子どもたちと買い出しに出掛けた。雲一つない日本晴れだった。

その帰り、紀ノ川筋に車を止めて、堤防で饅頭を食べた。



Sous la ciel claire en fin de la semaine.








PB268278.jpg


 西日が長い影をつくる。影法師を踏む遊びを思い出す。



Le soleil couchant.









PB268283.jpg


 子どもたちは、堤防の舗装路を駆け出した。とても気持ちの良い天気だ

から、マラソンをする人、犬の散歩をする人、親子連れと行き交った。

ただ走ることを楽しむ子どもたちは、美しい。兄弟で走る今の喜び・・・・。



Mes enfants ont couru à côté de rivière. Ils aiment toujours courir et courir.









PB268281.jpg


 川の反対側には、住宅や工場が並んでいた。蔦が壁を這い、無人工場

のような大きな建物は静かだった。操業出来なくなったのだろう・・・・。



Les usines.









PB268292.jpg


 堤防から土手を下りて、紀ノ川の川原を歩いた。川原には、あちこちに

雑木が生い茂っていたけど、木々に絡まる物は、9月に来襲した台風12

号の爪痕を物語っていた。子どもたちは無邪気にも、丸くなったガラスの

破片や石ころを見つけて遊んでいる。自然の猛威に命を奪われた者と、

生き残った者・・・・。そして、3月11日から8ヶ月が過ぎた・・・・。



La rivière Kinokawa a été victime du typhon de l’été. Le débordemen donne naissance du sol fertile.









PB268286.jpg


 紀ノ川に西日が映り、川面が宝石のように輝いていた・・・・・。

3月11日以降は、今住んでいる古民家を修繕するため、庭に積もった雪

を見やりながら大工仕事をしていた。ラジオから被災した人達の情報が

流れ、泣きそうになりながら手を動かしていた。時折、堪え切れずに溢れ

出た涙が、ポトポトと床に落ちた。ある日、ラジオからアンパンマンの歌が

流れて、被災した子どもたちを勇気付けていることを知り、ブログにもUP

したこともあった。川の流れ・・・・時間の流れ・・・・そして、今。



Le débordemen donne naissance du sol fertile.











PB268294.jpg


 インドでもタイでも“川の氾濫”は、“肥沃な大地”を生んだから、農業に

活用された。森で育まれた栄養素である葉土は、川床でも蓄えられる。

自然の摂理と共に生きた先人たちがいたけれど、現代では摂理を無視し

ているから人災になってしまうようだ。子どもたちに罪はない。



Mais aujourd’hui le débordement se trouve dans une humain erreur.










PB268307.jpg


 コインに等しく、人間の歴史には“表と裏”がある。そのどちらかに偏る

と、片方の眼だけで世の中を見ることになる。両方の眼で見るから、奥行

や空間といった場が掴める。それに心の眼が加われば、さらに真実が見

えて来る。現実の社会も、表と裏を見ることで心は健全になるのだろう。

子どもたちにも、短絡的な見方は危険であることを伝えているんだ。



Pile ou Face de l’histoire et de la société. C’est une chanson japonaise sur le problème nucléaire, et son grand privilège.











PB268310.jpg


 リンク先の「Pura vida!!!」さんがUPされていた歌は、魂に響いた。



 クリック → ♪ humen ERROR ♪

 CD購入 → Frying dutchman ホームページ










PB268303.jpg


 僕たちに必要なのは、ほんとうの《光》ではないだろうか?

 出来ることをしよう!子どもたちと共に歩こう!《自灯明》



Marcher avec les enfants.









スポンサーサイト

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:28 page to top

Comment

道下 森 URL
#- 2011.11.28 Mon19:17
はなさかすーさん、こんにちは。

今回の記事、とても心に響きました。そしてHumen Errorの歌も、心にびんびん響いてきました。

ぼくたち大人は、無知でいてはいけないのだなあ、と強く思いました。傍観者になってはいけないのだ、と。

震災後、何度か被災地をおとずれましたが、それだけで満足してしまい、あまり深くは考えずにいました。これからは、大人の責任として、子どもたちのために、100年後、200年後の未来のために、考えていこうと思います。
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2011.11.28 Mon21:19
『体験』は、何ものにも勝る。
『百聞は一見にしかず』今更ながら気付きます。

伝えるボクらが、力を付けなければ・・と、思います。
あやみ URL|こんばんは
#- 2011.11.28 Mon23:12
はなさかスーさんの写真、大好きです。いつの楽しみにしています。この世をもっと大事に生きようという心持になってくる。

廃工場を見ると「夏草や…」の句が頭に浮かびます。人の作り出した物・事の行く末・・・無骨な塊ではありますが、寂しさも持ち合わせていますね。

心の目は誰にでもあるのに、すぐに曇ってしまうかわざと閉じてしまう。お金でない、地位でない、本当に大切なものを子供たちに自分の目で見つけてもらわなくてはならないです。
はなさかすーさん URL|道下 森さんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.28 Mon23:42
道下 森さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

道下さんの心に届いて嬉しいです。

仰るように他人の無知を蔑むことは無知ですし
自分が無知であることを恥じないのも無知だと
思います。人任せでは、よくはなりませんものね。
僕も弱いところがありますが、自然が大切だなどと
子どもに言った以上、その言葉に責任を持たないと、
と思っています。

道下さんは、被災地に行かれたのですか。立派ですね。
僕は、まだ何も直接的に成していないのです。里親に
なろうと思いましたが、行動が着いて行っていません。

今はネットのお蔭で様々な情報が得られますから、
個人の自覚次第で脳ミソを開拓出来ますから有難い
ことです。原発はいらないと本気で思っていますので
これから何をすべきか僕もよく考えていきたいと
思います。

寒さは少し和らぐようですね^^
はなさかすーさん URL|kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.28 Mon23:53
Kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

僕も身内の死に何度か立ち会って来ましたから
余計に「人生は短い」ものだと思っています。
自分の人生、本気になって出来ることって何だろう
と考えたり、大事なものについて考えたりしながら
精一杯生きてみよう、と思い出したのも、身内の死
がきっかけでした。

きっと、成せばなりますよ^^
はなさかすーさん URL|あやみさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.29 Tue00:12
あやみさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

僕の写真ですか。ほとんど、まぐれです。対象が
いいのですね、きっと。けれども、あやみさんに
仰って頂くと、とても光栄な気分になります。

無骨な塊と、寂しさ・・・本当ですね。いつの世も
変わらないものがあるのでしょうか。

本当に大切なものは、言葉だけでは教えられない
ものでしょうけど、心は素直であってほしいですね。
子どもたちすべてが、自分の目で見つけられるように
大人が協力してあげなければならないのでしょう。
日本はこれから熟すでしょうか?

温かいコメントに感謝します^^
maharasa URL|こんにちは!
#- 2011.11.29 Tue03:51
おはようございます!

植田正治さんを思わせるような、影と人の構図の関係!
面白いですね!
純粋に、楽しませてもらいました!

それにしても、写真がうまい!
見ていて、独特の空気感をこのブログに付加しています。
さすがとしか言えません!


『心の眼』現在その目を使っている方は少ないと思います。
生物は、使わない機能は退化し消えていきます。
現在を生きる人たち(現代ではなく、今にしか存在できない人のことです。)は、
日々の日常に感じることすら出来ず、
ただ生きるのみで、感覚を使うことを忘れ、自分の意見にのみ耳を傾けてしまい、
心の目を瞑ったままの方が多いと考えさせてくれる記事です。

このコメントを書いている自分も実は、心の目が瞑ったままのような気がします。

目を覚まさせてくれるような、意味のある大切な記事ありがとうございます!
spoon ride URL|影の中に・・・
#- 2011.11.29 Tue17:05
すーさん、こんにちは。

歌、聞きました。
どうしようのなく怖いです。
知らない間に、自然が、子供達が蝕まれて、それは垂れ流した一部の人間にしか知らなくて、必死で反対運動をしている人達を笑っているような金持ちがいて、人に食べてもらいたいと有機農業を模索している人がいる。
ニュージーランドの人達は、一度失った自然を取り戻す事は難しいと早い時期に気が付いて、原生林の伐採を禁止しました。

日本は・・・?

日本人は・・・??

すーさんの写真は、正直な気持ちを映しているから大好きです。
はなさかすーさん URL|maharasaさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.29 Tue19:37
maharasaさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

写真を楽しんで下さり、とても嬉しいです。
それに、真っ直ぐな感想を寄せて頂き、内角ギリギリ
の直球を受けたような印象です。有難いことです。

確かに使わない機能は退化して消滅するのは、生物の
定めなんでしょうね。脳ミソを開拓する方法論は、脳
科学ブームと相まって恵まれた情報を得られますけど
仰るように自ら学習しない方が多いのでしょう。
あ~もったいない!と思うのですが・・・・。
幼い子どもはそうではないのですけどね。

僕も日々の生活の中で、心に垢が付きますから
アートや農や自然によってお風呂に入るように
心の垢を落としています。

maharasaさんは、精悍ですね^^
はなさかすーさん URL|spoon rideさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.29 Tue20:03
spoon rideさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

ニュージーランドの人たちは賢いですね。
日本は湿潤な気候ですから、ウェットな面があって
人情もあるのですが、別の国ではスーパー・ドライ
な面があって目的のためには人情がどうした!という
ところがあります。お金儲けは心理学的な要素を活用
しますので、「怖い」と思わせるのも手の内のひとつ
です。それでも、影のように光がないと生きていけない
存在なのだと思います。それは、うそぶいた光ですから
普遍的な力ではありません。大丈夫です。ほんとうの
光は、影などつくりませんから、と僕は思います。

日本の未来は、えげつない現実のままだと思います。
けれども、時代も生き物のように変化しますから
えげつない現実を正せば、未来は別のものになると
思います。愛するものを大事にする生き方を送れば
ほんとうの賢さも身に付くはずですものね。
男は女を守るべきなのに、力で捻じ伏せようとする
から不幸なんです。女性は、生みの苦しみを体験して
いますから、生命の尊さが分る筈なのですが、最近
ちょっと変?女性は本来、太陽なんですけど。

歌のCD、アマゾンで注文しちゃいました。NHKの
紅白に出てほしい!という若者のレビューも多かった
のが、面白かったです。広がるといいなー。

spoon rideさん、息を長く子どもたちを大事にして
いきましょうね。もっと光をーー!^^
vivid URL
#- 2011.11.30 Wed13:27
お子さんたちの写真、素敵ですね。
モノクロの写真になにか魅かれるものがあります。
構図なのか表情なのか・・・。
素朴であり懐かしさを感じる写真ですね。
はなさかすーさん URL|vividさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.30 Wed17:57
vividさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

先月、我が家に泊った客人から「昭和の家族みたい」
と言われ、そうかなーと思いましたが、モノクロ写真
そのものもそんな印象を持たせるのでしょうね。
vividさん、お元気になられましたか。冬の空独特
の色もまたいいですよね。写真、楽しみにしています^^
水無月 URL|こんばんは
#- 2011.11.30 Wed20:21
どんな時でも、どんなことにおいても、いつも真っ正面から立ち向かう、その生き方に頭が下がります。
自分がいかにこれまで緩い考え方で暮らしてきたのか、反省ばっかりです。
父として、人としての、はなさかすーさんの背中を見ながら育っていくお子さま達は、幸せですね。

お墓参りは紀ノ川の土手を車で走ります。河原で遊んだことも。
河とか海を見ていると気持ちがゆったりして、重い気持ちも軽くしてくれます。
いちごじゃむ URL|こんばんは。
#- 2011.11.30 Wed22:06
きれいな青空の下で四男さんが、とっても嬉しそうで思わず微笑んでしまいました^^
可愛いですね。きれいなきれいな写真ですね♪

Humen Errorさんの歌を聴きました。

今から30年も前に、石油系の洗剤の怖さや、
添加物の入った食品の怖さを伝えた映画を見ました。
恐ろしいほどの衝撃でした。
バナナが薬品で黄色に染められる事とかも聞き、ビックリしたことを覚えています。

今回はそれ以上に恐ろしさを感じました。
マスコミの方は何をしているのでしょうか?

私は、30年程前(古いですね^^;)に、小さな小さな出版社に勤務していました。(私の仕事は経理でしたが、出版の分野は子供のための本でした)
そこの編集者の人が、その当時の隠された怖さを色々と教えてくれました。
女性の編集者でした。
病気で若い頃にお亡くなりになりましたが、徳島生まれの清く美しい人でした。

それにしましても、嘆かわしいです。
お金の亡者たち。。。
はなさかすーさんのブログでHumen Errorさんの歌を教えていただかなければ、ずーっと知らないままでした。

歌が広がって欲しいです。
ありのままの今の日本を知ってほしいです。

子供たちの未来のために。。。
はなさかすーさん URL|水無月さんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.30 Wed22:53
水無月さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

いえ、僕も反省ばかりの人生です。

川という小説を女流作家さんが書いていらっしゃい
ましたよね。水無月さんは、いい文章を書かれるから
いい文学にたくさん出会って来られたのでしょうね。

大きな川や海を見ていますと、気持ちがいいです。
川を下ると海に通じて豊饒な世界が広がるワクワク
感を、今でも大切にしています^^
はなさかすーさん URL|いちごじゃむさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.30 Wed23:10
いちごじゃむさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

幼子の笑顔って、我が子に限らずいいなー、と思います。
いちごじゃむさんのお孫さん、女の子だから少し羨ましい
です。我が家は、男盛りですから^^;

真摯に受け止めて下さり、嬉しいです。
お金の亡者さんたちは、愛などどこ吹く風なんでしょうね。
生きているうちはいいのかも知れませんが、死んでから
どうなることやら、と僕は勝手に思っています。

いいお仕事や経験をされていらっしゃるから、素敵な
コメントを書かれるのですね。清く美しい人は、日本人
としても、誇らしく愛すべき人なんだと思います。

歌は、「さまよえるオランダ人」という意味のフライング・
ダッチマンというバンド名です。ボーカルは、京都出身の
方ですから、東京の御用学者と違い京都の気骨ある学者さん
が原発問題でも注目されていまして、僕の中では京都の
お株が上がり続けています。

本当です。広がってほしい歌です。
答えはシンプルで、子どもたちを幸福にしたい、
文明を進化させたい、という思いだけです。
真心の籠ったお言葉に感謝いたします^^
lingmin URL|
#- 2011.12.01 Thu01:32
コンバンワ♪
写真芸術性が溢れるデスネ(笑い)
特に最後の一枚大好きです!
はやぶさ URL|ホッとします
#- 2011.12.01 Thu10:52
息子さんと同じ、小学校、中学はバスに乗り高野山まで通っていました。
Hpを拝見する度に変わらぬ風景に懐かしく感じます。

私の幼少期は今とは違って、外の世界とは隔離されたような暮らしぶりでした。
就職先に困難なことから私は都会で働くことになりましたが都会の生活は、困惑から始まり未だに理解できないところもあります。
田舎と都会とでは、生活習慣・人間の本質的な部分も含め、これほどまでに違うものなかと未だに戸惑っております。

お盆のルーマニア展に訪れ、帰り際にすれ違ったことの他に2、3度お会いしましたがが、お話しをしたことは
ないので、一度、お話しが出来ればと考えております。

これからも写真を楽しみにしております。
はなさかすーさん URL|lingminさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.01 Thu17:51
lingminさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

最期の写真、たまたま撮れたものです。と言いましても
他の写真もすべてそうなんですが・・・。油彩画を描く
時間が全くありません。lingminさんは毎日絵が描けて
いいなー。楽しく拝見していますよ^^
はなさかすーさん URL|はやぶささんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.01 Thu18:02
はやぶささん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

上田さん宅の前でしょうか。はなぶささん?
今日は、地元有志で道路清掃をしました。夕方から
雪ではなく、雨が降り出しました。まだ、冬本番では
なさそうです。清らかな鳴川が大好きです。

僕も東京暮らしが長かったので、都会も田舎も双方
長所・短所を感じています。子どもが健やかに育つ
には、自然が豊かな方がいいと思いまして選んだ環境
です。何処に住んでも、メリット・デメリットはある
と思いますが、田舎は暮らしやすいと思います。

ルイさんの写真展に来て下さったのですか。
それは、有難う御座いました。ルイさんからは毎週
メールが届きます。来年は、日本の写真展をシビウ
で開催するそうです。高野町役場のまちみらい課に
問い合わせて頂ければ、連絡先等教えて下さると
思います。いつか、遊びにいらしてください。

絵描きが本業なのに、写真ばかり撮っています。
お恥ずかしい^^;
はやぶさ URL|はなさかすーさんへ
#- 2011.12.01 Thu18:50
絵描きが本業と知って驚きでした。
私の親しい人も武蔵野美術大学で日本画を学んでおりました。その人の描く絵は細かな部分までまるで写真に撮ったかのうように繊細です。

私は不動野のT家の息子です、いつも母がお世話になっております。
稲刈り時にりんごをいただき、ありがとうございました。

また、お会いする機会もあると思います。
その日を楽しみしております。
はなさかすーさん URL|はやぶささんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.01 Thu19:24
はやぶささん、こんばんは^^
再度コメント、ありがとうございます。

ムサビ出身者は、個性的な人が多いと思います。
絵描きさんとお知り合いだったのですね。

畑の名人、Tさんのご子息でしたか。
いつも美味しい野菜を頂いて助かっています。
こちらこそ、お世話になっています。

そうですね。それでしたら、またお会い出来ますね。
その時は、ゆっくりお話ししましょう。僕も楽しみに
しております。よろしくお願いします^^
ビリーさん URL|
#- 2011.12.01 Thu22:49
こんばんは、

文もさることながら、モノクロ写真、なんともいえない
良い味わいがありますね。日本の原風景、後世に残して
おくべき被写体がそこにある、という脈々とした存在感が
伝わって来ました。
 |管理人のみ閲覧できます
# 2011.12.01 Thu23:30
このコメントは管理人のみ閲覧できます
はなさかすーさん URL|ビリーさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.01 Thu23:51
ビリーさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

そうでしょうか。福島も日本の原風景があると
ビリーさんの写真からも伝わって来ます。それでも
そう言って頂けると嬉しいのですが。秘めた気持ち
がおありだと察します。なるようにしか、ならない
かも知れませんが、よく監視していてくださいね。

そちらは冷え込むようですね。お体に気を付けて^^
はなさかすーさん URL|鍵コメさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.02 Fri00:05
鍵コメさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

彼ですか。彼は大丈夫です。連絡がない時は無事に
やっている証拠です。仕事は12時間拘束されますが
お給料はいいですし、社長は知り合いです。貿易の
職種です。落ち着いたら連絡が来るでしょう。

それから、別にずっと気になっていますのが“あさぎ”
さんです。鍵コメさんが、かけて下さった言葉・・・・
いつまでも響いています。元気だといいのですが。

よくぞ生きて来られた、と云うほど努力成されて来られ
たのですね。尊敬いたします。それもひとえに子どもの
ため。僕もどんなことがあっても精一杯生きていこうと
思います。息子さんが傍におられて幸せだと思います。
お体大切にあまり無理をなさらないで下さいね。
心配して下さって有難う御座います^^
北さん URL|
#- 2011.12.02 Fri16:22
詩文に添えられた写真をいつも楽しみにしています。
モノトーンの写真は余計な情報を写しこまないので
ストレートに撮影者のメッセージが伝わってくるように思えます。
今日のモノクロームの写真からも
四人の子どもたち(世界の子どもたち)に伝えたい父の願いが伝わって来ます。
はなさかすーさん URL|北さんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.12.02 Fri22:11
北さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

北さんに褒められますと、何だかこそばいです。
モノトーンには、言い表せない魅力を感じてしまい
ます。仰るようにメッセージ性がストレートに伝わ
るのでしょうか。見る者との距離も変わるような気
がいたします。

今日は横須賀も冷えているのでしょうね。冬は寒い
のですが、モノトーンのように時間が止まった瞬間
を感じられて何故か好きです。

北さん、風邪をひきませんように^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。