FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

文化の日

文化再考








PB028086.jpg


 11月3日、文化の日、長男は野球の練習もなく、久し振りに家族全員

家で思い思いに過ごしている。外は雨だから、チェスをする者、絵を描く

者、家事をする者、パソコンに向かう者たちは、古民家の雨だれの音を

聞きながら静かな時間が流れている。三男、四男も何故か落ち着いてい

る。高野山の紅葉は見頃を迎えた。暖色の交響曲みたい。










PA318079.jpg


 自然農の大根は、ゆっくり成長している。最近手を掛けないから、雑草

が伸び放題だ。耕さず、肥料も与えず、どこまで育つだろう。










PA318085.jpg


 間引き菜をかじってみたら、強烈な辛みだったけど美味しいと感じた。

一本一本みな形が違う。種は同じように見えても、やはり違うのが自然。










PA318077.jpg


 パソコンを新調した。mac‐pro が欲しかったけどそれはいつか将来。

地元のジョーシンさんで展示処分品を安く購入出来た。5年前のカスタマ

イズしたノート・パソコンより、動作が速く画像が精彩になった。マウスと

キーボードがワイヤレスだから使いやすい。仕事柄、Wordをよく使うの

だけど、Office2010も使いやすくなっていた。










PB028090.jpg


 「文化の日」・・・調べてみると、敗戦の翌年、1946年(昭和21年)に

日本国憲法が公布され、その2年後に祝日法により施行されたようだ。



 文化は、英語ではcultureだけど、元はラテン語のColere(耕す)

から来ているらしい。何処を耕すのだろう?脳みそ?心?体?社会?










PB028102.jpg


 文化人類学では、現代は「多文化主義」と「文化隔離主義」に分れると

いう。200年ほど前のヨーロッパでは、「単一発展史観」という独善的で

帝国主義的な文化だった。それは、文化には遅れた文化と進んだ文化

があって進歩する階層があると考えられたため、進んだ文化を持つ国は

遅れた文化とみなされる国や地域を教化してよいとされるものだった。

「植民地主義」は、そんな差別や偏見から生まれたようである。



 他の文化をおとしめ、自分の文化を至高とする思想は、世界各地で

見られるけれど、それはまだ人間として未熟なのだろう。










PB028094.jpg


 今の日本文化を考えてみると、「アメリカ志向型」だと思う。日本の古典

を知る者は、1970年代で終わったとする作家もいたけれど、やはり敗戦

によって日本は変わったのである・・・・。










mcgr1 (400x560)


 身近な“衣・食・住”を見渡せば、今の日本文化が見えて来る。例えば、

ファッション。普段、着物を着る日本人は見られなくなった。“ジーンズ”

が流行り出したのはいつだったか?アメリカのイケメン俳優ジェームス・

ディーンが、映画「理由なき反抗」のなかでLee社の101ライダースをは

いたのは1955年である。僕もジーンズが好きだけど、誰でもはくように

なったのは、そう遠い昔ではない。



 “カッコイイ”ものは、若者の心を捉える。戦後の日本人がカッコイイと

思ったのは、戦前の日本文化ではなく欧米の文化だったのだろうか。










PB028095.jpg


 さて、これからの日本文化はどうなるのだろう?基本は、“衣・食・住”

である。最近、先人が築いた日本文化を見直す動きも出ているけれど、

全体を見回してみると“アメリカ志向型”であるから、住宅や公共建造物

などはヘンテコになって来た。食文化も変わり肥満が増え、国民医療費

は、年間30兆円。体力があるうちに改めないと、日本の未来は危うい。



 それでも頑張っているお母さんたちがいる・・・・・。

クリック → 福島のかあちゃんたち










PB028098.jpg


 英語のcultureには、文化、耕す、の他に“洗練したものにする”という

意味がある。文化は継承されたり、新しい風が入ったりしながらも、今を

生きる人たちで洗練させていくものなのかも知れない。



 先日家族で観た映画は、イギリスのある政治家の物語だった。日本と

いう土壌から、そのような政治家は生まれたことはない。田中正造氏が

近いと思ったけどね。日本から世界を感動させる政治家を出したいな。

けれども若い人は言うだろう。「そんなの、無理ぃい!」

クリック → 映画「アメイジング・グレイス」公式サイト










PB028088.jpg


 真っ赤な秋。子供たちに童謡を聞かせようかな。

 日本の秋・・・・。もうすぐ冬の到来だ・・・・。











スポンサーサイト

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:14 page to top

Comment

笑って生きてん URL|四季
#Sgty5eNU Edit  2011.11.03 Thu13:36
秋らしい秋・秋大根の辛さ・大自然を食べ
・おいしい空気を吸い・うまい水を飲み・
腹いっぱいの季節を感じ暮らしている。
すーさんうらやましい限りです。
kaminomoribito URL|こんにちはです。
#- 2011.11.03 Thu19:17
命の有る無しかかわらず、同じ『時の流れのもたらす変化』の中に身を置いていても、
変化の速度の違いが共生することの難しさを生むのでしょうかね。
そして思考・趣向の相違・・。
ある者は『間引き』を勿体ないと思い、
そしてある者は当然の作業と考える・・。

それにしても見事な紅葉ですね(-^〇^-)
ボクの目には美しく映っています。
はなさかすーさん URL|笑って生きてんさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.03 Thu19:40
笑って生きてんさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

仰る通りです。美味しい空気・水・自然・・・・
有難いことです。けれども、まだまだ不安は残ります。
僕はいいとしましても、子供たちを放射能汚染から
守らないとなりませんから。玄米と雑穀米と野菜など
今は食しか出来ませんけど、感謝する気持ちは特に大事に
したいと思います。それから微笑みと^^
はなさかすーさん URL|Kaminomoribitoさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.03 Thu20:06
kaminomoribitoさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

限られた土地のなかで育つには、詰め込みだと
貧弱になりますから、適切に間引いた方がよい
のでしょう。一粒の種にも強いのと弱いのがあり
ますから。間引き菜も美味しいですよ。四男は
辛い、と言って食べられませんでしたけど^^;

時の流れが川だとしますと、鮭のように身を削って
上流へ向かうものと、流れに任せていくものと、そこ
に留まるものなど様々ですね。冒険心、好奇心の強い
ものたちは、源流を目指すのかも知れません。

日常の小さなことや命を大事にする女性たちが
もっと社会の前面に出た方がよくなるのかも知れ
ませんね。アートをする人は、両方持っている?^^
ふくちゃん URL|
#- 2011.11.03 Thu21:29
紅葉がきれいですね。大根はげき辛がだい好きです。私は山の腐葉土でつくっています。西洋人にとって、文化とは耕す事によって生まれたものではないかと思います。日本語では文が化けたものですが。cultureと文化は違うような気がします。
はなさかすーさん URL|ふくちゃんさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.03 Thu23:57
ふくちゃんさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

大分の山も美しい紅葉が今盛りなのでしょう。
ふくちゃんさんも、激辛お好きなんですか。僕が
育てているのは、紀州大根と和歌山大根ですが、
その野性味に驚いたりしています。

日本文化の深層は、色んな作家や学者さんが書いて
いますが、仰るように美しい大和言葉が文化そのもの
でした。けれども現代では、何処からも聞こえて来ま
せん。日本の美しい言葉は、死につつあります。

文化センターもカルチャーセンターも、日常的には
同じだと思います。ただ文化活動が広まった分、薄まった
印象は拭えません。これからは、量より質でしょうね^^
ぺりちゃん。 URL|ラブ&ピース
#- 2011.11.05 Sat09:37
はなさかすーさん、おはよう。

今日も雨なのです。文化の日も雨だったけど。
どうもここ一ヶ月週末はお天気がよくない。

PCを新調しましたか、なかなかカッコいい。
速くなるとまた楽しみが増えますよね。

今の日本って80年代後半のロンドンみたいな。
そんな感じじゃぁないのかしら。
絶対的価値観がなくなったのかしら。
多種多様な趣向がまとまりもなく拡散しているような。
まぁ文化なんてその後、誰かが今の時代を評価かな。

今の人って文化ってものは考えないかもね。
安物のアートが好きみたいだから。

ジーンズが流行りだした時代。やっぱビック・ジョン。
たしか僕が10歳くらいの時だと思うよ。
吉田拓郎の「結婚しようよ!」とが流行っていた。
チューリップハットもその頃は流行っていた。
ラブ&ピースの時代だけどね。

LEE、今でも愛用してるよ。

ではでは、
いちごじゃむ URL|見事な紅葉
#- 2011.11.05 Sat11:33
こんにちは
たくさんの見事な紅葉ですね♪
きれいです^^
間引いた大根が置かれている大きな幹の切り口に目が行きました。
あまりお目にかかれない貴重なものを見せていただいたような気が致します。

主婦は日々の暮らし方が文化に繋がっているのでしょうか?
食生活も家の中の道具も身に着ける物も。

日本の文化には素晴らしいものがたくさんあると思います。
ただ、いまだに残っている悪い風習が村八分(笑)
何か違うことを唱えると『はちにしたい』
残念ながら、いまだに耳にします。
この言葉、早く風化しないかしら^^;

私も履いています、ジーンズ大好きです^^
スキップ URL|
#- 2011.11.05 Sat16:13
 文化と聞くと人文に近いのではと感じるんですよ。その人文学は衰退の一途をたどっています。人文学部って今生き残っているのでしょうか。しあわせ、悪善、醜美、真理誤謬を問わない文化はない考えない文化人は居ないと思うんですよ。高校教育も最も大事な教育を避けてきた教育をしてきましたね。同じように日本人もこれを避けて年老いてしまったのではないですかね。少なくとも、自分はそうです。これから、幾らでも時間はありますから、考えます。
はなさかすーさん URL|ペリちゃん。さんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.05 Sat18:48
ペリちゃん。さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

こちらも今日は雨です。週末は如何お過ごしですか。
今日は四男とゆっくりしていました。お昼過ぎに
停電があって、雨を見ながらお伽噺を創作しながら
話してあげました。妻はイベントのため休日出勤。

産業革命が始まったイギリスより50年遅れていると
よく聞きますが、時代を越えようとはしないようですね。

安物のアートが好きなのは、隣のお兄さん・お姉ちゃん
感覚みたいなものでしょうか。憧憬など昔の話ですよね。

ビック・ジョン、たっぷりしたスタイルもいいですね。
ペリちゃん。さんの時代は、僕より一世代前ですから
まだ、愛と平和への情熱もあったのでしょう。ベトナム
戦争なんかも、真剣な学生は考えていましたし。

ジーンズは若い頃より、ブランドを気にしなくなって
しまいました。Leeは好きでした。ジーパンにTシャツ
は、今でも愛用しています。そして、ラブ&ピース^^
はなさかすーさん URL|いちごじゃむさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.05 Sat19:09
いちごじゃむさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

古民家のかつての主が大切に使われていたようです。
その切り株に、四男がクレヨンで絵を描いたりして
罪なき悪戯に困ったこともありました^^;

そうですね。家に入るとその人のご家族の歴史や
生活文化を感じられます。いちごじゃむさんのお家は
ひとつひとつに愛情があるような想像をしてしまいます。

フ・フ・・・仰る通りですね。出る杭は打たれるは
地方ほど強いのでしょうね。真面目で正直な人がそれ
で苦労した話などよく聞くのですが、いつの間にか
その人自身もその悪習に染まるそうです。そうして
繰り返されるのでしょうね。きれいな魂を持った人には
試練が多いのですけど、前向きに生きるとはそういう
悪習をいい方向へ転じていくことなのかも知れません。

ジーンズは、色も着心地もデザインもシンプルですね。
とても現代的だと思います。最近、着流しの着物も
着てみたくなって来ました。和も洋も両方楽しめたら
と思っています。女性の着物は大変ですから、ラフに
着られたらいいのですけど^^
はなさかすーさん URL|スキップさんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.05 Sat19:18
スキップさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

仰るように、ある意味、言葉が人をつくるのですから
言葉咲和う日本人として一抹の寂しさを禁じ得ません。
アメリカの影響もあるのでしょうね。

文化人・・・・確かにお粗末な時代になりましたね。
皆批判ばかりして、お互いの魂を磨く健全さはなくなった
と思います。教養も凄味がなくなりましたし。僕は人は
人、という感じですから。スキップさんのように、僕も
これから考え深化させていきたいと思います^^
北さん URL|
#- 2011.11.05 Sat22:57
3日、文化の日は島に帰ってきてから知り合った
観音寺市の写真仲間に愛媛の瓶ヶ森という山へ連れて行ってもらいました。
全く違う畑を歩いてこられた3人の話を聞きながらのドライブは写真を撮るより面白かったです。
ものの捉え方発想がまるで違う。自分の一面的な捉え方が恥ずかしくなってきました。
霧が滝から湧き上がり、滝雲のように山から駆け下りていく様子を息を凝らして眺めていました。
高野の山ではこのような光景は良く見られるのでしょうか。
山での生活、やってみたいなと(無い物ねだりで)思いました。
はなさかすーさん URL|北さんへ
#dSgqtt7g Edit  2011.11.05 Sat23:37
北さん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

写真仲間との旅は楽しいでしょうね。
僕も人から教わることが多く、人との繋がりが
人生を豊かにしてくれるのだと常々思っています。

花坂は標高400メートルですから、ダイナミックな
光景はあまりありませんが、高野山は900メートル
くらいですから、霧が山を這うような生き物のような
自然界のマジックショーはよく目にします。水墨画の
ような枯淡を感じたり、ミステリアスな光景だったり
刻一刻と変わるのもまたいいものです。

僕は同じく無い物ねだりで、北さんの故郷・粟島の
朝日や夕日の光景に憧れます。浦島伝説も妙に納得
してしまいます^^
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。