FC2ブログ

霧のなか

霧のなか  ~詩人・イェイツ~

Dans le brouillard songer à W.B.Yeats




PA284442.jpg


 雨が降り、山肌を這うように霧がかかり、気温の低い一日だった。磨り減った車のタイヤを、スタッドレス・タイヤに履き替えた。

高野山は例年、12月初旬に雪が降るけど、今年は少し早いかもしれない。僕の車は今年、何度もトラブルが発生して、修理費用が

かさみ最近また調子が悪い。10年落ち、走行17万km、愛馬(愛車)は年老いたか。標高差400mを一日二往復。過酷なのかも。

Le brouillard rampant aux versants de montagnes accompagné de la pluie froide m'évoque le climat vers le nord d'Angretterre. A cause de la route courbée serpentine et abrupte à l'écart de 400m. d'altitude, ma voiture s'use d'intensité et j'en ai changé des pneus au type antidérapant. C'est aussi d'une preparation hivenale qui me presse, il se peut que la neige soit précoce cette année. En tout cas ma voiture est en mauvaise condition, en particulier sous l'aspect du frais de réparation. Elle s'est passée 17 000km. du parcours depuis 10 ans. Elle est vieille.




PA284446.jpg




PA284453.jpg


 夕刻、霧は一段と深くなり、視野は限られた。“霧”は人間社会に例えれば、ネガティヴなイメージが強い。政治家の「黒い霧」など

談合・密談から始まる霧のなか。人生に例えれば、不安や恐怖。21世紀は、先行きの見えない霧のなかにあるのか、それとも霧は

晴れて進むべき道が示されるのだろうか。寺山修司氏の晩年の作品のひとつに、「レミング」というお芝居があった。“レミング”とは、

海に向かって集団自殺するネズミのこと。人類がそうならなければいいけど・・・・今は霧のなか・・・・・・。

Le brouillard m'empeche de la vue loin. Le brouillard a une certaine image négative, comme entretien secret, complot politique, angoisse, terreur,... et le 21ème siècle? ç'auraient pu se trouver dans l'obscurité de brouillard invisible, sinon dans l'espace clair d'ou continue la voie souhaitable? Les lemmings sont le titre d'une pièce théatre de l'auteur japonais Terayama syuji. La masse de lemmings court vers la mer, où se montre une des résolutions finales des hommes, soit le suicide collectif...




☆ さらわれた子 十字路より ☆

 20世紀最大の詩人ともいわれる、アイルランドが生んだ詩人W.B.イェイツ。現代でもファンが多く、イェイツの詩に曲をつけて歌う

アルバムを昔、よく聴いていた。そのなかから一曲、ストールン・チャイルドを。詩がいいのだけど長いので、一番だけ掲載。

<The Stolen Child> by The Waterboys
L'extrait donné de la source de l'album <Now And In Time To Be> (The Grapevine Label Ltd.) y ramassé les chansons provenantes des poèmes de Yeats par les musiciens Irlandais.

Les fées paraissent en Irlande ou dans les cinémas d'animation de Miyazaki-Hayao?






スルーの森の岩ばかりの大地が  湖水につかるところに

うとうとしていたビーバーが  鷺の飛び立つ羽ばたきに目覚める

青葉の茂った島がある  私たちはそこに  ベリーや

真っ赤な盗んできたさくらんぼの一杯詰まった

妖精の国の大桶を隠してきたのです

  妖精と  手を取り合って

  湖へと  荒野へと

  ああ人間の子よ!  逃げておいで

  人間世界は  理不尽に涙に満ちたところだから


月光の波が・・・・・・(四番まで続く。中林孝雄・中林良雄訳 イェイツ詩集より)



☆ The Stolen Child    The Waterboys with Tomas MacEoin ☆





PA284461.jpg


 “妖精のざわめき”に見えるブレ味。トトロやコダマやダイダラボッチ・・・・本当に存在するのかな?

 






☆☆☆ 〔空想装置〕 オンライン個展 J.-P.Kuak ☆☆☆

<Les mécaniques imaginaires> L'exposition sur internet de J.- P.Kuak

空想装置・オンライン個展



☆☆☆ 〔ミツバチの羽音と地球の回転〕 鎌仲ひとみ監督 ☆☆☆

Le son des abeilles et le tournement du globe

ミツバチの羽音と地球の回転




Traduit par yayoi




スポンサーサイト



Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:16 page to top

Comment

えぐ URL|
#- 2010.10.28 Thu22:09
大人と言うものはいつからか
子供時代に信じていた妖精や空想の生き物を否定するようになってしまうもの。
だけど、こういう霧の中では
もう一度それらを「信じてみようかな」って言う気になります。
というより信じてみてもいいんじゃないかと思えてきます。
子供の純粋な目線で何かを見ることが出来れば
もう一度明るい明日を信じられるかもしれない。
今は闇の中でもがいている大人が多いから
トトロやネコバス、まっ黒クロスケは自然豊かな所にきっといる。
天空の城もきっとある。
今青森でスタジオジブリ展やっています。
みんな青森に集結してるって思うと楽しかったりして^m^
はなさかすーさん URL|えぐさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.28 Thu23:59
えぐさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

青森はとてもいいところです。それに、凄い所でもあります。
太宰治、寺山修司、恐山、戸来村、六ヶ所村、十和田湖、
ねぶた、蔦温泉・・・・・聖なる妖精が住んでいるかも知れ
ないですね^^ジブリ作品は、日本人の深層心理を表現して
いると思います。本当は自然と生きることが大好き!

えぐさんも純粋な心をお持ちなんですね。みんな、かつては
子どもだったけど、何か大事なものを箪笥の奥にしまって
いるようです。明るい明日・・・・子どもの心・・・・同感です!
オサシ URL|見える霧と そうでない霧
#- 2010.10.29 Fri06:14
生きていると色んな霧に遭遇しますねー
釣りに行き湖上のボートで濃霧に出くわした事があります
道筋や行き先が分からない霧は本当に怖いです^^;
コダマやトトロ いそうな所は結構知ってます
とっ捕まえたらスーさんに写真送りますね^^
はまぴー URL
#n9XDtvKo Edit  2010.10.29 Fri06:46
最後のお写真、特に素敵ですね!!
躍動する秋を感じます^^
トトロ達は絶対にいると思います。
彼らが見える純粋な心が欲しいものです^^
はなさかすーさん URL|オサシさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.29 Fri08:21
オサシさん、おはようございます^^
コメント、ありがとうございます。

濃霧は何も見えないですから、怖いでしょうね。
自然界は必ず霧が晴れますが、人間界は・・・

オサシさんだったら、本当にとっ捕まえそうです^^
それに秘密の場所も・・・・楽しみ~!
はなさかすーさん URL|はまぴーさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.29 Fri08:25
はまぴーさん、おはようございます^^
コメント、ありがとうございます。

トトロに会ったら、いい写真が撮れそうですね。
はまぴーさんの写真作品は、その片鱗を感じ
させられます。僕はシシガミに会いたいです^^
ijin URL|霧
#7ozVZe.w Edit  2010.10.29 Fri11:01
今日は。

霧は自然が与えた潤いと不安。
心穏やかなら、潤いとなり、
心が荒んで居れば、不安を招く。

今の世は多くの人が、自分勝手で、人を思わず。
多くの人の心が荒んで居ます。

霧の向こうが見えず、隠されているようので、ヒョット人を不幸にする怪獣が居るかも・・。

最後の霧の写真は素晴らしいと思いました。
力強く、進んでも不安はありません。
はなさかすーさん URL|ijinさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.29 Fri12:09
ijinさん、こんにちは^^
コメント、ありがとうございます。

お褒め頂いて光栄です。毎日、訪問していますが
なかなかコメント出来ずスミマセン。

心が荒むのは、物・金に価値を置き過ぎるからでしょうね。
霧のなかに潜む怪獣たち、隠れられるから平気で不幸の
種をまくのでしょう。ijinさん、素敵な比喩です。昨今流行の
“透明化”が必要な時代でもありますよね。出てきたら、光
のビームで浄化したいものですが。
ぴゆう URL|
#- 2010.10.29 Fri15:47
いつも訪問をありがとうございます。

一枚目の写真。

いいですねぇ、緑の奥深さと生きている緑の美しさを感じました。

人は色んなものに何かを重ねる。

その中に夫々が持つ癒しがあるように思うのは、気のせいか。

高野山、もう一度行ってみたいです。

ポチして帰ります。
はなさかすーさん URL|びゆうさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.29 Fri18:24
びゆうさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

高野山は空海の哲学に魅了されて、昨年家族で移転して来ました。
鹿児島時代、キャリアも地元での信頼も何もかもすべてを捨てて、
思い切ってゼロになってみたのでした。現実は当時の想像とは違い
ました。ただ自然はいいですね^^美味い空気ときれいな川・・・・・

びゆうさんは物書きをしていますよね。僕の父は詩や小説をいくつか
残して他界しました。すさまじい人生でした。拙いブログですが、これ
からも、よろしくお願いします。
スキップ URL|
#- 2010.10.30 Sat15:16
 ルーマニアにも一度行ってみたいと思っているんですがね。ヨーロッパのよいところが濃厚に、未だ、息づいているのではないかと感じさせてくれる地域ではないですか。
 人間は、徐々に、自殺しているのと同じかもしれません。豊かさの転換の必要を思い知らなければいけないんでしょうね。私も未だ、思い知っていないんです。
caonchi URL|こんにちは。
#LkZag.iM Edit  2010.10.30 Sat15:35
トトロやコダマやダイダラボッチ いてくれたら嬉しいです♪
貞子やお岩と共存している里山設定で
夏の間中、嘘八百並べて遊んでいたアタシには
コノ写真、実は 喉から手が出ます~!(笑)
カサコソ・・・してそうですねぇ。
 
はなさかすーさん URL|スキップさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.30 Sat19:16
スキップさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

支配する側のヨーロッパではなくて、自然と生きる
素朴なヨーロッパのひとつが、ルーマニアです。

環境破壊やインターネットなどは、人類がひとつに
なって調和と共生を構築するきっかけになるとも
考えられます。バラバラがまたひとつに。
はなさかすーさん URL|caonchiさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.30 Sat19:27
caonchiさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

お化けに幽霊に妖怪、妖精や守り神・・・・・昔から伝えられて
きたものは沢山ありますよね。面白いのは、すべて目に見えない
ものであること。人間の想像が生んだものか、初めから存在する
ものか、定かではない。

caonchiさん、想像ごっこがリアルになったら・・・・
オーヴやラップ音は、日常茶飯事です^^
りこ URL
#- 2010.10.30 Sat20:44
こんばんは。
緑がかった世界でいい雰囲気ですね❤
特に三枚目が好きです♪
はなさかすーさん URL|りこさんへ
#dSgqtt7g Edit  2010.10.30 Sat22:22
りこさん、こんばんは^^
コメント、ありがとうございます。

3枚ともクロス・プロセス(陰画・陽画合成)です。
この日の風景、印象に合うものは何だろうと探し
ながら、カメラを使います。心象風景・・・・・・
comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
Calendar
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link