FC2ブログ

ウサギとカメ

ウサギとカメ  ~愁思随想~

Lapin et Tortue




PA144332.jpg


 昨夜、NHKのドキュメンタリー番組で、「貧者の兵器とロボット兵器」を見て愕然としてしまった。最早、戦争は“遠隔操作”の時代。

アメリカでは、300万人が軍需産業で働いている。兵器を造る以上、それも商売だから売らなければならない。遠隔操作で民間人が

殺される事実。人間は、人間を殺すために、生まれてくるのだろうか?資本の原理は、ある意味で残酷なものだね。

Le programme de télé de documentaire L’arme de pauvrettes et l’arme de robot que j’ai vu hier soir, ça m’a étonné de savoir désormais la guerre sera géré sous le contrôle à distance. Les industries d’armement amerique ont plus de trois millions de travailleurs.
Tous les productions de l’arme ont à se vendre coup à coup. La réalité de mourir les gens de non-combattant sous le ciel lointain de la table d’hamburgers. La réalité cruelle du capitalisme.




PA144336.jpg


 国際情勢を見ていると、人間の脳は、《事実や真実》に関係なく、自己完結してしまうものだと、つくづく思う。情報操作や教育で

操ることの出来る人間の脳。子どもたちは、未来に向かって“ピカチュー”のように“進化”出来るだろうか?

Les situations du monde me font conduire à penser que le cerveau humain puisse se refermer en soi pour des situations de son extérieur où sont la réalité et la vérité, et le cerveau puisse être dominé facilement par l’enseignement et la manipulation des informations.




250px-The_Tortoise_and_the_Hare_-_Project_Gutenberg_etext_19994.jpg


 イソップの寓話などで知られる、『ウサギとカメ』は、いろんな解釈が出来る。ウサギは元々カメよりは、足が速い。カメは遅いけど、

マイ・ペースでも歩き続ければゴールに辿り着くことが出来る。才能や能力には、個々人、差はあるけれど、ウサギが油断をすれば

死ぬまでゴールへ辿り着けない。片や、特別な才能がなくても、カメのように歩き続ければ、目標を達成出来る。僕は、人生は有限

だと知るから、死ぬまでに何処まで目標に近付けるか考えて歩いている。仕事や子育てや家事など、人生時間は日々の出来事に

追われることもある。けれども、そのなかで上手く時間をつくり、死ぬまで努力して光を得たい。どんな人でも、カメのような歩みであっも、

前を見て歩き続ける限り、必ず成長はもたらされると信じている。それは喜びにつながる。だって、去年の自分より今の自分がちょっと

でも豊かになっているのだから。それは、この世に生まれてきた理由の、自分自身の魂そのものだから・・・・・。

Lapin et Tortue de Aesop. A ce conte, le lapin court plus vite que la tortue. Pourtant si le lapin s’arrête de courrir, jamais arrive à destination. Par contre, si la tortue continue de marcher, il y arrive un jour. Cela veut dire qu’une personne qui n’est douée de la talent spécial puisse atteindre son objectif, même s’il soit lapin ou tortue, il doit marcher continuellement, développer sa capacité jusqu’à mourir.




PA124279.jpg


 桜の葉も色付いて光を浴びると美しい。まだ「まっかな秋」ではないけれど、高野山上では燃える赤があった。

Les feuilles de cerisiers portent de la lumière et les feuilles d’érabes rougissent. Ce sont les feuilles d’automne à koyasan.




PA124295.jpg




PA124296.jpg




PA124298.jpg


 おでんや鍋物など、あったかい料理が美味しい季節。人の気持ちや心が示すものも、「冷めたスープ」より「熱いスープ」がありがたい。

一期一会・・・・あったかいスープをもてなすことが出来るように、まだまだ修行じゃな~(自分に言っている)

L'hiver s'approche petit à petit. Il commence la saison du plat chaud, l'oden, le nabemono. Veuillez savourer la soupe chaud, pas de forid.




☆ Mr.ブルー ~私の地球~ ☆
  八神純子さんの歌は、学生時代に聴いた。アメリカで子育てに集中して、最近、歌手活動を再開したようだ。
  「みずいろの雨」を聴いた時、声質が印象に深く残った歌手。1980年代の歌。






☆☆☆ 〔空想装置〕 オンライン個展 J.-P.Kuak ☆☆☆

<Les mécaniques imaginaires> L'exposition sur internet de J.- P.Kuak

空想装置・オンライン個展



☆☆☆ 〔ミツバチの羽音と地球の回転〕 鎌仲ひとみ監督 ☆☆☆

Le son des abeilles et le tournement du globe

ミツバチの羽音と地球の回転



Traduit par yayoi





スポンサーサイト



Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:18 page to top

Calendar
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link