スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告  page to top

花坂小学校

花坂小学校の10年後

P2260143.jpg

我が家の2階から見える「花坂小学校」は全児童数13名。

もうすぐ卒業式だ。5名の6年生は中学生になり、高野山上

の高野山中学校へ通う。花坂小学校の22年度新入生は、

1名。全児童数9名でのスタートだ。現在紀の川市から転入

を希望するご家族があり、住宅が確保されれば10名になる。

現状のままいくと10年後には、児童数1、2名となり、存続の

危機を迎える。この現実に、時の流れに身を任せながら何

とかなるだろうと眺める住民もいれば、何かしなければと

焦る住民もいる。子供を増やすことは、むらづくりの大きな

課題でもある。今の花坂小学校は以前、中学校だった。さら

に遡ると「無量寺」というお寺だった。寺小屋もそのお寺の

住職が兼務していた。長らく複式学級の花坂小学校では

あるけれど、一学年に一人の先生が就くようにすることが

僕の目標だ。それには、小学校区の湯川地区、細川地区の

子供を増やさなければならない。住宅と公共交通とインター

ネット環境の3点セットは是が非でも必要なこと。実現には、

住民の『志』が力になる。花坂は大丈夫だけど、湯川は無理

だ、という意見が多い。同じ学校区だから真剣に考えたい。

お先、真っ暗に見えても、志があれば道を見出すもの。


スポンサーサイト

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

古民家

空家視察

P2270161.jpg

昨夜、6回目のむらづくり集会があった。なかなか参加者が

増えないことから、地区役員集会に図ることに方針を変えた。

自主的な自由参加を目指したものの、今までに慣例のないこと

は集まりにくい。諦観や今までの人間関係や歴史の延長線上

には、直線的な運動があるだけだ。色々な方法を試すなり。

今日は、花坂の中心から北に2kmほど行くと「不動野」という

地区があり、そこの古民家を家族で視察した。5年ほど人が

住んでいない。造りはしっかりしていて、土間にかまどもある。

住めるようにするには、かなり時間と資金がかかりそうだ。

けれども花坂の活性化に活かせるだけの風格がある。光通信

はない。ネット環境は最低である。何とかならないだろうか。

花坂に移住したいという家族もあり、僕たち家族が現在暮らし

ている住宅は近代的だから、出て行けば人口が増えるだろう。

家族の同意を得て、挑戦してみようかな?


Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

土門拳氏

実相観入


花坂や高野町の魅力を写真に撮るため、デジタル一眼

レフカメラを先行投資として購入。写真について学習を

始めた。17歳の頃、パリで働きながら画家修業をしてい

たとき、“サラ・ムーン”の作品や“マン・レイ”の作品に

出会い感銘を受けた。今、土門拳氏の本を読み勉強中。

土門氏は『実相観入』を技の基本に据えている。それは

自然と自己が一体になることをいうそうだ。

絵を描くことも、野菜を作ることも、同じではないか。

自然の秘めた声が聞こえてくるまで思考し、想像する。


P2260142.jpg

EUジャパンフェスト日本委員会は、ヨーロッパの写真家を

日本各地に招き、地域交流を持ちながら写真作品集を刊行

している。鹿児島には、イギリス・ルーマニア・オランダの

写真家が訪れ、それぞれの視点で作品がつくられた。


ルーマニアのシビウという街で写真選考会が行われた。

鹿児島で著述や翻訳をしているジェフリー・アイリッシュさん

は魅力的な人だった。事務局長の古木さんは立派な方だ

けど、忙しいようで連絡が取れない。


Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

あ・うん

阿吽の呼吸

P2240133.jpg

高野山大門は、西を向いている。最近、陽が長くなった。

平日は毎日、花坂~高野山を二往復している。標高差は、

500mほどである。朝の風景、夕刻の風景、一度として同じ

ことはない。夕陽を受けた大門は、宙の気を呼吸している

ようにも見える。光は事物に様々な印象を与えるが、阿吽

の仁王は、地球の自転と太陽の力を見据えて僕のなかへ

と突き刺さる日差しそのものに感じる。小さき自分なり。

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

やきもち

やきもち屋 掛さん

P2210093.jpg

今日は暖かい一日だった。気温が上がると体もアクティヴに

なる。少し早き水温む日。花坂へ来てすっかり俳句を詠まなく

なった。午後、近所のやきもち屋・掛さんに用事があり訪ねた。

昨年「美味しんぼ」という漫画に登場した人物である。独特な

ジョークを連発したり歌が上手な人でもある。地域のことなど

2時間以上話しただろうか?地方の人間模様を50年単位で

みるか、1000年単位でみるか、など会話は広がった。歴史

はつくられるのではない。いかなる壁が立ち塞がろうとも、

つくるものだ。あなたとともに。



Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

和歌山 第9回ジュニア駅伝

高野町が1番

駅伝の日

和歌山県 第9回市町村対抗ジュニア駅伝競走大会の応援

に出掛けた。小春日和のようなよく晴れた日。最終区の大

通りに立ち、多くの声援と共に高野町選手が現れるのを

待った。最終ランナーが駆け抜けていった。そう、ビリから

1番。練習量が違うのは分かっていた。それでもなー・・・

気を取り直して、初めて家族で和歌山城の天守閣へのぼり

四方を眺めた。果て無き、山と海。世界は広いね。

高野町ではまだ咲かぬ梅。市内では満開。きれいだなぁ。

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

高野山大滝の茶粥

茶粥交流会

茶粥

世界遺産・小辺路が横切るむら、大滝地区。

2月20日、地名の通り清冽な二つの滝に挟まれた道、崖に

成すツララの面白い形を横目に、旧大滝小学校を目指した。

周辺集落の人たちと大滝の茶粥を食す集い。家族6人で参加。

番茶のお粥、漬物、煮物、どれも美味しく、器もいい。

この日3歳を迎えた4男はよく茶菓子に手を伸ばしていたけど、

こんな誕生日もいいものだ。茶粥は美味しかったかな?

大滝や杖ヶ藪のおばあちゃんたちとお話が出来てよかった。

大滝は心がスッとする大自然があり、自然学校もあるから

特に子どもたちには好評。昨夏参加した長男は、草笛を憶えて

自慢していた。茶粥交流会の帰りに葵の井戸の水をゴクン。

目に映る山々に龍神に心の中で合掌。有難う御座いました。

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

デジタル一眼レフ

写真の魅力


最近、コンデジから一眼レフへ移行する人が

増えているよう。僕もその一人。高野山は絵に

なるし、地域の情報ソースになるからクオリティ

をあげたい。カメラ好き、写真好きな人たちの

イベントも企画したら面白そうだ。

それにしても、どの機種がよいのやら?

オリンパスPENはどうかなぁ・・・

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

ジュニア駅伝選手壮行会

走るひと


今日、夕方から高野町中央公民館において

第9回和歌山県市町村対抗ジュニア駅伝競走

大会選手壮行会があり、親として出席した。

小学6年生の長男は選抜されなかったものの、

高野町の選手たちを応援するため、大会当日

は、家族みんなで出掛けたいと思う。

アルペンスキーの王者・スビンダルの存在は、

僕に深い感動をもたらした。馬や彗星など速い

ものは美しいと言ったのは寺山修司氏だった。

走るという競技も正に人間の美しさを感じる。

自分自身との孤独な闘い。自己記録への挑戦。

スビンダル氏いわく『脳で感じる限界点の安全

装置を少し外すこと』が恐怖超克の心技になる。

高野町の若き選手たち、自己記録更新に挑め!

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

高野山中学校入学説明会

伝統と創造


長男は今春、花坂小学校を卒業し中学生になる。

卒業証書は、隣地区の細川紙を自ら漉いて作るのが伝統。

かつては高野紙として、高野山周辺集落において作られて

いたものだ。紙漉きを復活させたのは地元住民である。


ところで、高野山中学校の22年度新入生は19名前後。

少子高齢化甚だしき事態。されど逆に独創的な教育活動

も可能だ。脳科学の出番。空海の教育理念からも学べる。


伝統と創造を融合させた教育を地域で実践できないか?

Tag:花坂邑・古民家再生  Trackback:0 comment:0 page to top

Calendar
02 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
FC2 Counter
Profil

すーさん

Author:すーさん
 Sumito.M 1964~20XX 
 Yayoi.M  仏語翻訳 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


賢治の学校 綾自然農生活実践場

“天の才”を咲かせよう!

世界の子供たちが置かれている状況
の光と影 現日本社会に生きる子供
たちの光と影 事実を正しく見つめ
今を 自らの心性で支配すること

☆ 光を信じること ☆

日向・綾町の暮しの記録を中心に
多分野に渡り気ままに綴ります!

 ◇ リンクフリーです ◇

☆ 写真提供:ELLGE ☆
ENFANEE SACRIFICE

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

My Photo
Link
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。